2019年04月17日

憧れのウッドデッキを作る。

◆庭スペースを有効活用したい。
自宅1階のリビングから庭に降りる掃き出しの外には、以前から大きな石(岩?)が置いてありました。
しかしこれが、出入りをするには非常に使いにくく、外を歩くにも石が邪魔で何とかしたいと思っていました。

そこで思いついたのがウッドデッキ。
リビングを庭のほうへ延長するイメージでデッキを設置すれば、そこにプランターなどを置くこともできるし、少し窓を開けておけば、愛犬もリビングから自由に出入りができます。

早速製作・設置をすることにしたのですが、まったく知識が無かったために、1週間ほどかけて、ネットや専門書によりデッキの構造や基本的な作り方を予習しました。
そこでわかったのは、木工作業に慣れている人ならホームセンターで購入した木材を自由に加工・組み立てて、「素敵なデッキが完成!」とスイスイいく感じなのですが、そもそも鉄工系の道具しか持っていないしスキルもほとんど無いので、これはハードルが高いと思いました。

◆通販でキットを注文
そんな中、ウッドデッキに適した木材を希望した寸法にカットするなど、最低限の加工をして発送してくれるサービスを、インターネットで見つけました。
これなら面倒かつ失敗するかも知れない、長い部材の切断作業や仕上げは不要、電動ドライバーで木ネジによって組み立てていくだけで済みます。

早速デッキを設置する場所の寸法を取り、簡単な設計(外形寸法と、建物との取り合いの決定)をして、販売業者にネットで注文しました。

◆庭石の撤去
庭にあった邪魔な石は、その辺に捨てるわけにもいかないので、以前からお付き合いのある工務店さんからの紹介で、石材屋さんに安価で引き取っていただきました。

IMG_9505.JPG IMG_9717.JPG
Before - After:掃除中の庭と、石を撤去してまあまあきれいになった庭。

◆発注部材の入荷
部材ごとにダンボールで丁寧に梱包され、箱ごとに内容物がわかりやすく表示されていました。
また素人にもわかりやすい説明書が同梱されており、事前の準備から完成まで、イラスト入りで丁寧な解説。
最後まで安心して組み立てが進められました。
IMG_9863.JPG

◆設置作業
@整地
IMG_9718.JPG
地面からリビング掃き出し窓の下までの高さを測り、最初にデッキ全体の高さを決めました。
デッキとその下に置く石の高さを踏まえ、まず地面を整地します。
微調整は後からできるので、だいたいの高さに土をならし、また水平も出しておきます。
この作業をやっていてわかったことなのですが、ここに水がたまらないよう、この辺りは勾配が付けられていて、地面はやや斜めになっていました。

A平板の設置
IMG_9706.JPG IMG_9857.JPG
デッキの脚の下には、柱状の脚が土の中に沈みこんでいかないよう、平板(平らに加工された石)を置きました。
平板はホームセンターで安く売っていたものを購入。これを図面に指示されたピッチで並べていきます。
この時、水平器を使ってすべての石が水平になるように、また上面の高さもあわせていきます。
※ 石の上面から隣の石の上面にかけて角材などを置き、この角材の水平を見る。また、建物にマークした高さとこの石の高さとが合っているかも確認していきます。)

B防草シートの敷設
IMG_9895.JPG IMG_9893.JPG
デッキの下に後々雑草が生えてくることがあるため、防草シートを敷いておくとよい、という記事を見たので、ホームセンターでシートを購入、平板周りに敷きました。
板の部分はカッターとハサミでカットしていきます。

Cデッキ組み立て
IMG_9873.JPG IMG_9883.JPG
いよいよデッキの組み立てです。
まず脚と枠組みを仮組し、高さや水平、互いの脚の位置関係を見ながら、同梱されてきたステンレス製のビスを打ち込んでいきます。
デッキの材料となっているウリンは非常に硬いので、ドリルで小さな下穴を開けてから、その後木ネジを打っていきます。
面倒ですが、このほうが作業はスムーズだし、ネジやドリル刃が焼けてしまうのを防ぐこともできます。

IMG_9902.JPG IMG_9906.JPG
枠部分がある程度組みあがったところで、防草シートの上にウッドチップを敷き詰めました。
そしてそのままデッキ部分の板を等間隔で敷き詰め、ビスで固定して完成!

IMG_9921.JPG
サイズは少々小さいですが、憧れのウッドデッキが完成しました!!

所要時間は3日ほど。
重量のある資材を妻に押さえてもらった以外、ほぼ一人で施工可能でした。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 12:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | DIY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク