2016年03月06日

エアコンフィルターの交換

前回の交換から1年が経過。フィルターを買ってきて交換しました。
最寄りのクルマ用品店に行ったところ、BOSCH、DENSO、PIAAと3種類がありましたが、前回同様、一番安価なPIAAのものを買ってきました。
IMG_0239.JPG IMG_0241.JPG
車種や年式によってサイズが異なるのでご注意を。
↓ 私の愛車、H20年式エスティマハイブリッドに適合するのはこれでした。
PIAA EVC-T5 Comfort エアコンフィルター【アクア アルファード など・・・
ネット通販だと半額ですね!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

毎年花粉症シーズンになると、「何かやれることはないか」と考え、交換しなきゃと思い出すわけです。
工具は不要、所要時間が10〜15分程度。
交換方法は、↓2015年3月1日の記事にありますので省略させていただきます。
http://1paraglider.seesaa.net/article/414999049.html
IMG_0261.JPG

【フィルター交換の効果について】
交換のために開けたカバーを見ると、その内側にはいかにも身体に悪そうな黒い粉塵や砂が付着しています。
IMG_0253.JPG
クルマが走っている路面に近い高さから、ファンを使って外気を車内に取り込むわけなので、こうした異物も車内にたくさん取り込まれます。それを防ぐフィルターも、1年使うとこんなに真っ黒です!
IMG_0257.JPG
↑左:1年前に付けたもの、右:新品
IMG_0263.JPG
ちなみに自分の場合、1年間で約20,000km走っています。
交換することによって、目詰まりしていたフィルターを風がよく通るようになるのでファンモーターへの負担も軽減されるはずです。
まだ交換したことが無い方は、ぜひ交換されることをオススメします。
※ カー用品店などにお願いすると1,000〜2,000円の工賃を取られます。
 作業は決して難しくない(クルマによるとは思いますが)ので、ご自身での交換にチャレンジしてみてください!
posted by masa at 12:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

スマホホルダー

これまでに色々なホルダーを試してきましたが、ダッシュボード上に付けるとインパネが見えないし、取り付けられるスペースが限られていてどれもうまくいきませんでした。
IMG_0183_R.JPG
↑ 以前使っていたもの。
何かを貼り付けるならこの部分が付けやすいのですが、画面は見づらいし、ちょっといまひとつでありました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

色々なものを試したもののうまくいかず、結局最後はカップホルダーに放り込んでいたのですが、飲み物を置く時にはスマホを助手席に置いたり、運転席側のドアポケットに置いたりで、とても不便を感じていました。
そこでネットで色々調べてみて、これなら良さそう!というものを見つけました。
ミラリード社の PH14−01 というものです。

IMG_0185_R.JPG IMG_0186_R.JPG

IMG_0203_R.JPG
付属品(コードクリップ、プラグ回転防止用パーツ、マイクロUSBケーブル(30cm))

自分にとってはまったく用途の無いシガーソケット。
ここにプラグを差し込んで、そこから立ち上がったアームの先にホルダーが付いているタイプ。
プラグにはUSBポートが2つあり、ここにケーブルを接続すれば充電もできるという便利なものです。
これまではクルマのAC100Vコンセントから電源を取って充電していましたがこれは便利!

◆セットアップ(15分程度)
@アーム先端にホルダを「パチン」と付ける。
IMG_0192_R.JPG

Aプラグ部分に回転防止用のパーツを差し込む。
IMG_0204_R.JPG

Bプラグ部分をシガーソケットにざくっと差し込む。
IMG_0189_R.JPG
青いLEDがピカッと光りました。

Cフレキシブルアームを曲げてスマホの面を調整する。
IMG_0199_R.JPG

Dコードクリップ(2個)をアームに付ける。
Eケーブルをうまくまとめて完成!
IMG_0213_R.JPG

ペットボトルを置いても干渉しません。
IMG_0219_R.JPG

【良いところ】
・見やすい(運転中の操作や凝視はダメです!)
・充電ができる
・遊んでいたシガーソケットの有効活用ができる

【いまひとつなところ】
・エアコンの操作パネルが見づらく、またエアコンが操作しにくい。
・自分に近過ぎる。(もうちょっと遠いといいです。)

他の方のレビューを見ていたら「ソケットを挿したところがガタガタ緩い」と書かれていましたが、付属のパーツでしっかり固定することができましたよ。

なお私のスマホはi-phone6、付属のUSBケーブルはマイクロUSBコードなので、i-phoneには使えません。ケーブルはご自身で準備をする必要がありますのでご注意を。

ミラリード PH14−01 2USB付スマートフォンフレキホルダー


posted by masa at 12:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

車載用プラズマクラスターを設置

クルマを購入してから7年、走行距離13万km。天井のトヨタ純正空気清浄機の調子が悪い。
1ヶ月ほど前から振動と異音が不規則に発生、何度か調べたが、どうやら内蔵ファンのベアリングにガタが来ている模様。
IMG_9928.JPG
新品はいくらするのか調べると、何と5万円近くもする!(高いなあ...)
分解してベアリングだけ交換できないかとも考えたが、ここには前からモニタを付けたいと思っていたこともあり、別のものを設置してこいつは取り外すことにしました。
もしくはクルマにAC100V電源があるので、自宅にあるダイキンのストリーマーを置いてやろうかとも思いましたが、そんなにパワフルなものはいらないし、車載専用のものを探して決めたのがデンソーの車載用プラズマクラスターイオン発生機(パワフルモデル)PFDNXというもの。ミニバンにオススメとのことです。
ネット通販で調達、早速設置してみました。
IMG_9931.JPG IMG_9932.JPG IMG_9933.JPG
車載専用に作られているだけあって、家庭で使うものよりだいぶコンパクト。
カラーは白と黒の2種類があり、内装にあわせて白が欲しかったが在庫が無く、やむを得ず妥協して黒を購入。

【設置方法】
そのまま車内の床にトンと置いて電源(シガーソケットから)をつなげば終わり、というものなのですが、走行中にマットの上で動く可能性があるため、マットの端を挟んで固定するためのパーツが同梱されていました。
IMG_9938.JPG 
まず本体の底面に、同梱のビスで専用固定具を取り付けます。
この状態で、車内のマットの末端に挟んでやります。
固定具は、マットの末端から本体までの距離を調整できるように工夫がされていました。
ビスで固定具を本体に仮止めして設置をしたところ、隙間が大き過ぎたのでさらに調整。
IMG_9937.JPG IMG_9940.JPG
これで前後方向の距離はちょうどよい感じになりました。

しかし本体の幅がやや広く、セカンドシートのレールに本体裏が干渉、ちょっとガタガタしています。
そこで固定具裏面、四隅にあるL形の”足”を全部、思い切ってニッパーでチョッキン!
ヤスリでバリをきれいに処理しました。
IMG_9947.JPG IMG_9949.JPG IMG_9950.JPG
そして同梱されていたマジックテープの柔らかいやつを本体裏面両サイドの、ちょうどレールに接する部分に、また中央には硬いほうのマジックテープを貼り付け、マットに食いつかせて固定することにしました。
これでなかなかうまく収まりました。
IMG_9951.JPG IMG_9954.JPG
にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

早速シガーソケットを接続して試運転。騒音はどれほどなのか。

力強い風量、にも関わらず結構静かです。
これなら運転中に気になることもないでしょう。

発生器の運転中にクルマのエンジンを切って運転が停止した後、再びクルマのエンジンをかけると、発生器が停止した時と同じ運転モードで運転が再開されます。
些細なことではありますが、クルマに乗り込むたびに発生器のスイッチをON、モード選択を、などという手間が無くなるので、これは結構便利ですね。

なお電源コードはシガープラグタイプ(DC12V)しか入っていませんでした。
IMG_9941.JPG
これではあんまりなので、別売のACアダプターを調達して後日接続します。
なかなかいい買い物ができました!(と自分では思っています。)
 
posted by masa at 15:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

エアコンフィルターの交換

花粉症がそろそろ本格化。エアコンフィルターを交換しました。
オートバックスで売っている、様々なメーカーの似たような製品。
前回はボッシュのものを使いましたが、今回はPIAAのものを買いました。
過去にも色々試してみましたが、私の個人的な感覚ではどれも大差ないように感じます。
交換の手順は次のとおりです。

@グローブボックスを外す。
助手席のグローブボックスを開けて、左側にあるダンパーステーを外します。
ダンパーステーの先端部分を、外側に向かって引くと簡単に外れます。
その後、グローブボックス両側のストッパー付近を、内側に向かってグッと押します。
ストッパーが外れて、ボックスがさらに開きます。
ボックスが手前に倒れたら、矢印の方向にボックスを引っ張って取り外します。
IMG_8254.JPG IMG_8253.JPG IMG_8252.JPG

Aフィルターのカバーを外す。
カバー両サイドの、赤丸の部分につまみがあります。これをつまむとカバーが手前に外れます。
すると既存のフィルターが見えます。汚い!!
IMG_8227.JPG IMG_8229.JPG

B古いフィルターを引き出す。
付着しているゴミが、車内に落ちたり舞ったりするので、そーっと手前に引き出します。

C新しいフィルターをセットする。
フィルターにはセットする向きがあるので、よく確認しながら挿入します。
IMG_8245.JPG IMG_8247.JPG
新しいフィルター。真っ白です。

Dカバーを閉めてグローブボックスを付ける。
フィルターカバーをパチッと閉めて、グローブボックスを取り付ければ完了です。
取り付け後は、外気導入・内気循環を切り替えながら、エアコンを試運転。
なお、エアコンフィルターを買うと大抵「交換時期」をメモするためのステッカーが入っているので、これをグローブボックス内などに貼っておくと便利です。
IMG_8256.JPG

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

【エアコンフィルターの効果】
古いフィルターを恐る恐る引き出してみると、枯葉や虫の死骸、髪、細かいゴミがたっぷり。
フィルターが無かったら、これらが車内にそのまま入ってきて舞うんだろうなあ。
IMG_8233.JPG IMG_8234.JPG IMG_8235.JPG
なおクルマによっては、納車直後はエアコンフィルターが取り付けられておらず、後から買って取り付けなければならないものがあるようです。
実際、私の知人が買った新車には入っておらず、しばらくフィルター無しでエアコンを使っていました。
クルマを買った時に、ディーラーが教えてくれないと気づかないですよね。
もしご自分の愛車にフィルターがあるのかどうかご存知無いのでしたら、一度確認してみることをオススメします。

クルマをきれいに!

【かかった費用】
・PIAA エアコンフィルター EVC-T5(トヨタ用):2,550円
IMG_8257.JPG IMG_8259.JPG IMG_8258.JPG
作業時間は15分程度です。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 20:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

COOのステッカーを貼り替える。

パラグライダーを始めた頃にクルマに貼ったステッカー。
よく見てみるとたくさんのヒビ割れが。
汚らしいので剥がして新しいのを貼ることにしました。
IMG_8179.JPG IMG_8180.JPG COOステッカー

【資機材】
古いステッカーに爪を引っ掛けて剥がれるかな、と思いましたがまったく歯が立たない。
貼り付けた時には剥がれないようにとガッチリ密着させたし、元々柔らかいビニール、という感じだったのに劣化が進んでプラスチックのように硬い感じになっている。
ネットで色々調べた結果、ドライヤーや熱湯で暖めながらゆっくり剥がすのがよいらしい。
オートバックスに行ったついでに次のものを購入。
@スクレーパー
IMG_8221.JPG
プラスチック製なので、クルマのボディに傷が付きにくい。

Aシールはがし
IMG_8219.JPG
自宅に強力なタイプがあったが塗装面をダメにしてしまいそうなので、主成分が天然オレンジオイル、というやさしそうな(?)ものを買ってきた。

Bドライヤー
自宅にあった、奥さんが使っているものを拝借。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【作業手順】

@ドライヤーで暖める。
車庫にあるコンセントから延長ケーブルで電源を延ばし、ドライヤーでステッカーを暖めます。
天気はいいけど気温は10度くらい、北風が結構強めに吹いていてちょっと寒い。
冬より夏のほうが捗るんだろうなあ、と思いながら根気よく暖めます。

Aスクレーパーを入れる。
暖める前はビクともしなかったステッカーがペロッとめくれました。
説明書には、スクレーパーは歯を立てずに寝かして使うとあったのでその通りにしたら結構剥がれやすい。
IMG_8184.JPG IMG_8187.JPG

B浮いた部分を手で引っ張って剥がす。
めくれてきたところを指でつまんで引っ張りますが、すぐにプチッと切れてしまう...。
焦らず暖めながらゆっくり剥がしていくのがコツのようです。
IMG_8192.JPG IMG_8198.JPG
なお、なぜかCOOの文字部分はスムーズに剥がれたのですが、最後のお猿さんがなかなか剥がれない...。
じっくりドライヤーを当てながら、時間をかけて地道に剥がします。
ちなみにこれだけのサイズのステッカーを剥がすのに、スクレーパー4個はすべて先端部分がガタガタになりました。最初はとても鋭利になっていたのに。
きっとクルマのボディを傷付けないために、スクレーパーの材質そのものの強度はそれなりに柔らかくなっているのでしょう。
これは使い捨てと考えたほうがよいと思います。
IMG_8216.JPG

C糊をきれいにふき取る。
根性で全部剥がしたら、例のオレンジ成分のやつとペーパーを使って、表面に残ったシールの糊と、シールの淵の跡になっているところを拭いてきれいにします。
これにも随分時間がかかりました。
IMG_8201.JPG IMG_8204.JPG IMG_8206.JPG
きれいになりました。

そして新しいステッカーを、今度は右後ろのガラス面に。
IMG_8208.JPG IMG_8211.JPG
前より目立つようになりましたが、赤い文字は近くでないと見えません。。。

【かかった費用】
・エーモン製スクレーパー(1692):390円
・エーモン製両面テープ剥がし剤(1691):906円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                     計:1,296円



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

posted by masa at 18:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

バックカメラの切り替えスイッチ取り付け

2つのバックカメラをスイッチひとつで切り替える
愛車のエスティマ、標準のバックカメラ取付け場所(ナンバープレート左上)にカメラを着けると、センターから少々ズレること、また視点が低いので広く見渡すことができない。
そこでリアウィンドウの上部、スポイラー下に着けると、今度はエスティマのお尻が丸みを帯びているためリアバンパー付近が死角になってしまい見えない。
そこでこの2箇所にカメラを付けることにしました。

後退開始の時には、
@クルマの中心線上にあって、かつ広域が見渡せるスポイラー下に付けているカメラ
IMG_7903.JPG
最後の、あとちょっとの寄せの時には、
Aナンバープレート付近の正規の位置に付けた自車バンパーまで見えるカメラ
IMG_7901.JPG
の画像が見たいので、2つのカメラを切り替えるスイッチを付けます。

本当は、バックを開始してから3秒後に@→Aへ自動で切り替え、などというカッコいい機能を持たせたかったが、そんな回路を作る技術力も無いので、スイッチでパチンと切り替えることにしました。

カメラのケーブルは、ゲーム機やビデオデッキ(今時はHDDデッキですね)に一般的に使われているRCAケーブル。
IMG_7895.JPG
安易に考えれば市販のAVセレクターみたいなものを使えば画像切り替えじゃカンタンなのでしょうが、場所を取るので設置場所が難しいだろうし、あの「スイッチをクリッと回す」とか、「パッチン!と押す」というような操作ではなく、小さめのスイッチでスマートにパチッと切り替えたい。
ネットでRCAケーブルの構造がどうなっているのかをよく調べた上で、ケーブルを分解して、スナップスイッチに半田付けで接続するやり方に決めました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【回 路】
RCAケーブルの構造を調べたところ、ケーブル1本当たりに芯線1本、その周囲にGND線が1本の、計2本があることがわかりました。
そこで下の図のように接続することにしました。
回路イメージ.jpg

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【資 材】
@トグルスイッチ
Aスイッチパネル
ハンドルの右側にずらりと並んだスイッチパネル部分に、トヨタ純正のスイッチを買ってきて付けることで対応できないか、と考えましたが使えそうなスイッチはなく、また市販のスナップスイッチを、ここにつけているブラインドパネルに組み入れて使うのもサイズ的にアウト。
IMG_7857.JPG IMG_7877.JPG
空きパネルにうまく組み込みたかったが構造的に無理。頑張って加工できなくもないのでしょうが...。

仕方なく、エーモン製のスナップスイッチと、専用の金具を使って付けることにしました。
IMG_7875.JPG
エーモン製トグルスイッチ(1209)と、スイッチ専用パネル(1229)

B映像切り替えスイッチ付きケーブル
そもそも2つのRCAケーブルを1つのRCAケーブルに接続し、映像の切り替えができるスイッチがないかと探していて見つけたのがこれ。
IMG_7848.JPG
しかしコネクタ接続はスペースに余裕のある助手席側足元付近に収納し、スイッチを運転席側に設置したいのに、これではケーブル長さが短い。
それにスイッチの切り替え感触がぐにょぐにょしていて使いづらい。
そこで思い切って頭を切り飛ばし、上記@のスイッチと、延長用ケーブルを組み合わせて作ることにしました。

CRCA中継コネクタ
カメラからの2本のRCAケーブルはコネクタがオス、一方上記Bの、これらを接続したい部分のコネクタもオス。
またカーナビからのRCAケーブルはメス、上記Bの、これを接続したい部分のコネクタもメス。
変換コネクタをネットで買いました。
RCA中継コネクタ

Dギボシ端子
運転席付近に設置したスイッチに半田付けしたケーブルを、そのまま助手席側まで延ばしていくのですが、途中で分離できるようにしておかないと、後でパネルや他のパーツを分解したいときに面倒なことになります。
スイッチからのケーブルと、RCAコネクタからのケーブルとの中間をこのギボシで接続します。
ギボシ端子セット 1164_SUB1.jpg

E延長用ケーブル
これは自宅にあった0.5スケのケーブルを使いました。
IMG_8260.JPG

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【ケーブルを作る】

@ぐにょぐにょスイッチを切り飛ばす。
せっかく買ったものだけど、感触がどうしても好きになれないのでニッパーで切り飛ばしてしまいます。
IMG_7883.JPG IMG_7884.JPG

A延長用ケーブルを半田付け
スイッチを切断したケーブルの被覆を剥がして、芯とGND線とを分離させ、延長用ケーブルを半田付け。
むき出しになった接続部分は熱収縮チューブで保護します。
IMG_7886.JPG IMG_7887.JPG IMG_7889.JPG
RCAケーブル1本当たり2本接続、計6本を接続します。

Bギボシ端子の圧着
買ってきたギボシ端子を、延長したケーブルに半田と圧着ペンチで取り付けます。
と思ったら、持っている圧着ペンチが小さ過ぎて端子を噛むことができず...。
そこで端子にケーブルを半田付けした後、ニッパーで器用にケーブルをしっかりと噛ませます。
これは昔、機械メーカーで働いていた頃、配線をつなぐ時にも間に合わせで使った手法なのですが、こうして接続したのは試作機器だけであり、決してお客様には納めていません。(^^;)
IMG_7891.JPG IMG_7890.JPG IMG_7892.JPG
端子を付けたらスリーブをぐいぐいと押し込みます。
GND線は、全部まとめて1つの端子にまとめて接続します。(半田で束ねるだけでもよかったけど。)
スイッチを切断した部分にケーブルを接続し、右上の写真のようになりました。
黒いケーブルはGND線、赤のメスコネクタはカーナビからの映像端子に、残りの赤のオスコネクタは、それぞれPanaカメラ、イエローハットカメラに接続します。

Cスイッチへのケーブル接続
予め、助手席から運転席までの長さにあわせて切断しておいたケーブルを、スイッチの端子に半田付けします。
スイッチに接続したケーブルの反対側には、先ほどBで取り付けた端子とオスメスが接続できるように注意しながらギボシ端子を取り付けます。
IMG_7909.JPG IMG_7911.JPG
ケーブルをインシュロックできれいに束ね、スイッチを金具に取り付けると、ちょっといい感じになりました。

D導通確認
テスターを使って、すべての線がコネクタまで導通しているか、また各コネクタ間の導通を調べてショートしていないかをチェックします。
すると一部のケーブルで短絡している部分が見つかりました。
怪しいケーブルの保護テープを剥がしてみてみると、RCAケーブルの芯線の被覆に、目で見てやっとわかる位の小さな傷があり、GND線と接触しているらしい部分がありました。
ここをしっかり保護しなおして再びテスターを当てると今度はOK。
今度はケーブルをグリグリいじっても大丈夫でした。

これで接続に必要な資材が準備できました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【クルマに取り付ける。】
準備したスイッチ付きケーブルを運転席右側のスイッチ周辺に取り付け、ケーブルを延ばして映像ケーブルのコネクタに接続します。
@スイッチで映像が切り替えられることを確認
ケーブルを引き回すには時間がかかるので、まず作ったケーブル付きスイッチにコネクタをつなぎ、バックカメラの映像が切り替わることを確認。
カーナビのバック映像を見ながら、スイッチを切り替えるとしっかり画面が変わりました。
ちょっと感動です。

Aスイッチ固定金具の取り付け
金具に付属していた両面テープを、とも思いましたが操作中にポロリといったらイヤなので、ここは思い切って同梱されていたビスで取り付けます。
私はいつも、こういう部分は妥協せず、容赦なくビス留めです。
この辺りだな、というところにケガキを入れて、樹脂パネルに下穴を加工。
金具を当ててビスをねじ込んでいきます。
IMG_7913.JPG IMG_7914.JPG
金具の長穴4つに対し、付属していたビスは2本だったので、対角にネジを入れます。

Bスイッチの取り付け
ビス固定した金具に、スイッチを取り付けます。
IMG_7918.JPG
もともと取り付けてあった、フロントカメラの切り替えスイッチから延びているケーブルと一緒に、インシュロックとマウントベースで固定、ハンドル付け根からパネルの内側にケーブルを通します。

Cケーブルを助手席側へ通す
ハンドルの下部と、運転席足元左側の内張りを剥がし、また助手席足元右側の内張りも剥がしてケーブルを通します。
走行中にケーブルを遊ばせないために、他のケーブルにインシュロックで固定します。
IMG_7915.JPG IMG_7917.JPG

D助手席側のRCAケーブルを延長
ぐにょぐにょスイッチを切り飛ばして作ったケーブルを、助手席足元左側に転がしてある既存のカメラケーブルに、オスメス変換コネクタを使って接続。
フロアマットの下の、さらに下にある発泡スチロール製マットの下に通し、助手席足元右側の広いスペースに延ばします。
コネクタを接続しながらビニールテープを巻いて、どれがどこから来ているものなのかを書いておきました。
IMG_7926.JPG IMG_7920.JPG IMG_7922.JPG

Eケーブルの接続と収納
ケーブルの余長を束ねてインシュロックで括り、助手席足元右側の広いスペースにまとめます。
ここは広くてケーブルの束を収納するのに十分なスペースがあるので、すべてのケーブルをここにまとめます。
IMG_7924.JPG

F剥がした内張りの復旧
念のためもう一度ギヤをバックに入れ、スイッチをパチパチ切り替えて画像が変わることを確認します。
ノイズがすごかったりするのかと思いきや、全然画像が乱れることもなく動作良好です。
外した内張りを全部取り付けます。

Gスイッチカバーの取り付け
スイッチの固定金具に専用のカバーを取り付けます。
これは両面テープで付ける仕様、あんまり好きじゃないのですが仕方ありません。
しっかりと圧着して取り付けました。
IMG_7929.JPG

以上で作業完了です!
試行錯誤が入ったおかげで、トータル6時間くらいかかりました...

※ 当記事は、くるまを趣味でいじった時の記録にと記したものです。
  記事を参考に改修をされる方は、自己責任にてお願いいたします。


2019.11.10 しばらく使ってみて...
とてもよいです!後退で車庫入れする際には、無意識のうちに右手でカメラをパチッと切り替えています。
周りを広く見たい時には上カメラに、最後の寄せや、輪止めの位置など地面に近いところを見たい時には下カメラに。
最近はアラウンドビューが備えられている車もありますが、後方確認だけであれば、市販の部品で安く機能を備え付けることができます。。。


【かかった費用】
エーモン製0.5sqダブルコード:0円 / 昔購入したもの
エーモン製トグルスイッチ(1209):626円 / オートバックス
エーモン製専用取り付けパネル(1229):410円 / オートバックス
エーモン製ギボシ端子セット(1164):734円 / オートバックス
・RCA中継コネクタ(オス-オス2個入り):263円 / 通販
RCA中継コネクタ(メス-メス2個入り):263円 / 通販
AV1.8SW 映像切替器(2入力1出力):2,315円 / 通販
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                       計:4,611円




にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 18:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

バックカメラの増設

広範囲を見渡せる位置に
平成17年に、安いバックカメラを探していて、ネット上の評判を参考に買ったイエローハットオリジナルのCCDバックアイカラーカメラ「FM-132BC」。
以前乗っていたクルマに取り付けて、その後現在のエスティマハイブリッドに乗り換えた時に移設して使っていました。
エスティマハイブリッドのバックカメラの基本取り付け位置は、ナンバープレートの左上なので、当初はここに付けていました。
バックカメラ標準取付位置.jpg  IMG_78101.jpg

しかしこの位置だと、クルマのセンターからやや左側にずれており、車庫入れの時に中心線がわかりにくかったので、しばらく使った後にリアスポイラーの下面に移設。
スポイラーに埋め込まれたハイマウントストップランプを分解したりと大変な苦労をして移設をし、クルマの中心がわかりやすい上に広い範囲が一度に見渡せるようになりました。
しかしデメリットも。
クルマのお尻が丸いので死角ができ、バンパー付近がワイパーの影に隠れてしまって見えなくなってしまいました。
よって車庫入れで目一杯距離を小さく取る事ができないことに...。
IMG_77281.jpg   IMG_7744.JPG
↑モニターで見るとこんなにギリギリでも、実際にはまだこんなに距離がある...。

新しいカメラへの交換を決意
もう10年近くも使っているカメラを、最近の高画質のものに交換しようと思い、PanasonicのCY-RC90KDを通販で購入。
今使っているカーナビと同じメーカー。ネット上での評判もなかなか。
CY-RC90KD  

しかし週末になり、いよいよ交換しようというときに迷いが。
◆スポイラーの下⇒少し遠くまで見えるし映像が車の中心。しかし近くが見えない。
◆標準位置⇒バンパーまでよく映るので車庫入れで目一杯後退できるが遠くが見えない。

そこで両方のいいとこ取りをしたくなり、2つとも使おう! と決めました。
(本当は古いのを外すのが面倒だからなんだけど。)

IMG_7772.JPG IMG_7773.JPG IMG_7775.JPG
カメラセット一式。ありがたいことに、カメラとその先のケーブルは、途中にあるコネクターで分離できるようになっていました。配線作業が楽です!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【取り付け手順】

@内張りを剥がす。
バックドアの内張り4枚を全部剥がします。
バックドア内張り.jpg IMG_77591.jpg IMG_7765.JPG
内張りにはたくさんのクリップが付いているので、クリップの位置を意識しながらバキッ!と剥がしていきます。
要領を間違えると内張りそのものを破壊してしまうので注意が必要。
IMG_7767.JPG
バックドアの内張りを剥がすとこんな感じになります。

Aアウトサイドガーニッシュを外す
ナンバープレートのすぐ上にある、シルバーの横長のパーツです。
ガーニッシュからバックドア内側に向かって突き出している、ボルトを固定しているナット2個と、バックドアオープナースイッチを固定しているナット2個を、バックドア内側から緩めて外します。
サイズは確か、全部10mmでした。
スパナが入りにくくやりづらいのですが、頑張って外します。
IMG_7780.JPG IMG_7782.JPG IMG_7783.JPG
ナットが全部取れたら、アウトサイドガーニッシュを、バックドアの外側からグイグイ引っ張って外します。
IMG_77851.jpg
取り外し完了。過去にも何度か手を加えているので、ちょっと汚いです。(^^;)

Bカメラの取り付け位置を決める。
アウトサイドガーニッシュには、ここにカメラを取り付けたときのために、カメラを付ける時にカットすべき場所が予めマークされています。
私は以前、この場所にカメラを付けた事があるので、すでにこの部分はカットされています。
よってカメラの固定位置はもう決まっています。
IMG_7779.JPG

IMG_7788.JPG IMG_7789.JPG IMG_7791.JPG
以前加工した穴を埋めているパテをどけて、カメラのケーブルをバックドア内側に通します。
カメラには付属のブラケットをビス固定し、ブラケットを両面テープでバックドアにしっかり押し付けて貼ります。

C配線を車内に通す。
一番手間がかかる作業です。
まずバックドアの付け根にあるチューブの中を通さねばなりません。
画像のチェックをしなければならないので、内張りはまだ取り付けられません。
バックドア内側の、既設のケーブルにインシュロックで抱かせながら、バックドア上部までカメラのケーブルを持って行きます。
途中、横着して養生テープで貼り付けただけになっていますが、内張りを貼ってしまえば見えなくなるので気にしません。(^^;)
既存のケーブルに、インシュロックで括りつつ進みます。
IMG_7792.JPG
そしてバックドア上部の付け根にあるチューブに、カメラケーブルを通します。
以前、車外に付けたアンテナのケーブルを引き込むために、大胆にも途中に穴をあけてあるので通線作業はとてもカンタンでした。
カメラケーブルルート2.jpg カメラケーブルルート.jpg
チューブを通して車内に入れたら、天井の中を通して左後方の内張りを剥がし、ルートを決めながらその先もどんどん通していきます。
この辺りも過去に何度か剥がして、バック信号ケーブルなどを通しているので、少し先を考えながら、どの辺りを通せばよいか決めつつ作業を進めます。
IMG_7796.JPG IMG_7798.JPG IMG_7802.JPG 
通すケーブルは走行中に暴れたりしないように、既存のケーブルや付近のパーツにインシュロックで縛り付けていきます。
スライドドア、助手席左側の内張りを剥がした中をずーっと通して、やっと助手席の左足元に到達。
IMG_7925.JPG IMG_7895.JPG 

Dカーナビからの映像ケーブルに接続。
もともとつないであったイエローハットのカメラケーブルを抜いて、新たに増設したPanasonic製のケーブルを接続。
抜いたYH製ケーブルのコネクターは、今度使うと決めたのでとりあえずビニールテープで養生しておきます。

E映像の確認!
わくわくしながらバックギヤに入れて、画像を確認します。
IMG_7901.JPG IMG_7903.JPG
左:今回ナンバー付近に付けたPana製  右:スポイラー下部のYH製

自車のバンパーまでばっちり映りました。
また写真ではわかりづらいですが、やっぱり新しいやつは画像がきれい!
夜にも比較をしてみましたが、暗い中でもきれいでした。

F内張りを全部元通りに付ける。
内張り固定用のクリップが内張りに付いていることを確認しながら(稀に外した時の勢いでどこかに飛んでいってることがある)、パチンパチンと内張りを元通りに取り付けて作業完了。

所要時間は4時間ほど。たっぷりかかりました。
でも、趣味でやってるので結構楽しいのと、店で頼んだら工賃をたっぷり取られるし、ということで、あまり苦になりませんでした。

次回は、2つのバックカメラをスイッチで切り替える機能を加えます!
しかしどうすればいいんだろう...


にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

posted by masa at 18:00 | 茨城 🌁 | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

サンバイザーを交換。

以前、運転席側のサンバイザーにベルトタイプ(バイザーに巻きつけてマジックテープで固定するタイプ)のカードホルダーを巻いて使っていたせいか、バイザーの戻りが悪くなってしまいました。
収納位置側に動かしても完全に収納ポジションに戻ってくれない上、走行中にじわじわと下がってきてしまう。
しかも腹立たしいことに、ちょうど目の高さ付近で止まる...
サンバイザー

視界に入るし顔に結構近いので、何とか修理できないかと色々調べたのですが、新品に交換するほかに選択肢は無いと判断しました。
早速ディーラーに部品を発注、2日後に届いたのでとりに行き、交換しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

【交換の手順】

@腹立たしい既設バイザーを取り外す。
写真の矢印の辺りと、そのちょうど反対側辺りの計2箇所に、マイナスドライバーの先端を差込み、下方向に引き下げます。
IMG_7704_R.JPG
カバーは肉厚が薄いので、ドライバーの先端は深く差し込まず、先っちょだけを台座部分とカバーとの間に引っ掛けて下げる感じです。
2箇所の引っかかりが取れたらカバーを取り外します。

Aサンバイザーを抜き取る。
カバーが取れたら、アームの根元付近を下に引き下げてやると、スポン!とバイザーが外れます。

Bクリップを付ける。
天井に埋め込まれた取り付け部の部品に、新品のバイザーに付属している2つの金属製クリップを取り付けます。
指先でつまんで差し込みます。
IMG_7712_R.JPG

C新品のバイザーを差し込む。
クリップを狙って、バイザーのアーム根元の、クサビ形をした樹脂製パーツをぐいっと差し込みます。
バイザー内蔵のランプに電源を供給するための小さなコネクタ(白い部分)があるので、これも正しく差し込むよう注意します。
IMG_7705_R.JPG
金属製クリップは、単体ではガタガタ頼りない感じで付いていましたが、このクサビ形の部分が差し込まれることでがっちりと固定されます。

D台座にカバーを取り付ける。
新品に付属しているカバーをパッチン!と取り付ければ完了です。
IMG_7716_R.JPG

要領よくやれば、交換時間は15分程度。
新品のサンバイザーは、¥11,232(税込み)でした。

巻いてあったビニールは少しだけこのままにしておきます。
IMG_7720_R.JPG
ここだけ見ると新車のようです。

ランプもしっかり点灯しました。
IMG_7723_R.JPG

下の部品は新品のバイザーに付属しているので、取り外したものは不要になります。
IMG_7721_R.JPG



posted by masa at 16:00 | 茨城 ☀ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

スライドドア警告音を小さくする

自宅が静かな住宅街にあり、時間帯によってはクルマのスライドドア開閉に連動して鳴る警告音「ピーッ、ピッピッピッ・・・」が結構うるさくご近所の迷惑になっていそう。
調べてみると、ディーラーでオーナーズセレクトによるパラメータ調整もできないとのことなので、誰かやってないかなーとネットで調べましたが、残念ながらエスティマに関してのそういう記事は見つかりませんでした。
アルファードの電動スライドドアの警告音を鳴らすブザーは、スライドドアそのものに内蔵されてるとのことだが、以前、愛車のスライドドアパネルを開けたときに撮影した写真を見たところ、エスティマにはそれらしいものが無かった。
そこでドアを何度か自動開閉させながら、耳を澄ませてよーく聞いてみると。。。
ドア内側下部、ステップ付近から音が出ているのがなんとなくわかりました。
この辺りをバラしてブザーを探し、音が小さくなるようテープか何かを貼り付けてやろう!と決心。
まずは元の音量と、改造後の音量の違いをお聞きください。

動画の改造前後では、ブザー収納部のカバー有無が異なっていますが、音は結構小さくなってません!?
これなら深夜・早朝に開閉しても、ご近隣の迷惑になることはなさそうです。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

◆必要なもの
@時間:片側のみで2時間ほどかかりました。悩みながらやったので。
Aプラスドライバー:大小あると便利です。
Bオフセットドライバー:これがあれば良かった!
 薄型スリムオフセットドライバ
Cリムーバー(内張りはがし):クルマいじりに何かと便利。持っておくととても役に立ちますよ。
 リムーバー12点セット工具
D六角レンチ:途中で10mm(M6)が必要になりました。オープンエンドでもメガネでもソケットでも大丈夫です。
E粘着テープ付きスポンジシート
 ホームセンターやカー用品店にもあると思います。

【ボリューム調整の手順】
調整といっても内蔵されたブザー(基板に載っている)を取り出し、表面にスポンジ(クッション)テープを貼るだけのものです。
そして私は片側の作業だけで2時間ちょっとかかりました。(試行錯誤を含んでいるため。)
「自分もやってみよう!」という方は、時間に余裕を持って、またその後故障するかどうかもわかりませんので、自己責任でおねがいします!
※ 作業に取り掛かる前に、手順を熟読してイメージ作りをされることをおすすめします。
 また復旧作業のときのために、スマホなどで写真を撮りながら作業を進めたほうが無難ですよ。
※ 外したビスなど部品を紛失しないよう、安全な場所に置きながら作業を進めましょう。
※ 作業の途中で狭い隙間に手を入れます。「俺、ちょっと手がでかいんだよなぁ。」という方は作業の途中で断念せねばならなくなるかも知れません。お気をつけください!

@ステップを外す。
IMG_6608_R.JPG IMG_6610_R.JPG IMG_6611_R.JPG
ブザーが載った基板は、左上写真の赤い矢印の下に潜んでいます。
内張りはがしなどで表面の小パネルをはがし、あとは手で真上方向にステップを引っ張りステップを取り外します。樹脂製であり、力の入れ具合を間違えると割ってしまうので注意してください。
また冬場など気温が低い中で無理に剥がそうとするとパキッ!と逝ってしまうことがあるので要注意です。
経験された方はご存知と思いますが、マイナスドライバーなどで強引にコジると変形や損傷をしやすいので十分ご注意を!
IMG_6612_R.JPG IMG_6613_R.JPG
この辺りは、ボルトやビスによる固定は無く、ぜんぶはめ込みになっています。
損傷させないよう、はめ込まれている場所を確認しながら、少しずつ丁寧に引っ張って外しましょう。

A金属製カバーを外す。
樹脂製のステップを外すと、後方に山型の金属製カバーがあります。
基板はこの下に収納されているプラスチック製BOXに入っていますので、まず金属製カバーを外します。
box.jpg IMG_6616_R.JPG IMG_6617_R.JPG
カバーの下部にある10mmの六角ボルト(赤丸の2本を含め、全部で3、4本ありました。記憶が曖昧ですみません。)を外し、またてっぺんにあるアース線が接続されたケーブルも邪魔なので外します。
ここで、分解を進める上で重要なこと。
どれをどこから外したのか、順番がどうだったのかをきちんと記録しましょう。
私は作業の節目ごとにスマホで写真を撮っています。
分解する箇所が少なくても、分解に夢中になった後の組み立て作業では、以外と思い出せなくなるものです。
記憶を逆再生しなければなりませんから。。。
六角ボルトのほか、マット下にはクリップで留められている箇所もあります。
ここはカバーを上方に引っ張ってパッチンと外します。
金属製カバーが外れると、右下の写真のような状態に。ブザーの基板が入っているBOX(赤い矢印)は、さらにその下のベースに固定されているのがわかります。
IMG_6619_R.JPG IMG_6620_R.JPG

Bケーブルを外す。
BOXに差し込まれているコネクタを抜き取り、また樹脂BOXの上面に固定されている、コネクタ接続用の樹脂製のベース(白いもの)、それを固定している金属製ベースを外します。
樹脂製ベースは、その下の金属製ベースの穴に、爪が差し込まれて固定されています。
この金属製ベースは十字穴(プラス)付きなべ小ねじで固定されています。
これを外さないと、BOXのフタが開けられません。
IMG_6621_R.JPG IMG_6622_R.JPG IMG_6624_R.JPG
なお、ここで最後に外す金属製ベースには、取り付け用のビスを通す穴が全部で4つあるのですが、使われているのは赤丸の2箇所だけです。
元に戻すときに混乱しないよう、使う穴にマーキングをしておくとよいかも知れません。

CBOXのフタを外す。
フタは全部爪のはめ込み式になっていますので、精密ドライバの先端などで爪を押してはがしてやります。
全部で何箇所あったのか、よく覚えていないのですが、上手にやればドライバなどなくても外すことができます。
BOXの奥側にも2箇所ほど爪がありますが、これは手探りでいくしかありません!
IMG_6625_R.JPG IMG_6627_R.JPG

D基板を外す。
フタを開けてやっと基板とご対面なのですが、ブザーは基板の裏に半田付けされています。
そこで基板をBOXから取り外さなければなりません。
基板はBOXに、3、4本のビスで固定されています。
こちらも記憶が曖昧ですみません。見ればわかりますので。。。(^^;)
手前の数本は簡単に外せますのでさっさと取りましょう。
アースケーブルが共締めされているものも外します。
そして問題は一番奥の1本。基板の上の高さがなく、ドライバーが入りません。
問題の1本.jpg
私はスタビもオフセットも持っておらず、ドライバーでアクセスすることはできませんでした。
そこで昔ガソリンスタンドでもらった安いラチエットセットに付いていた、プラスビットをグラインダーで削って長さを調節、これを器用にラジオペンチでつまんで少しずつ緩めました。
IMG_6629_R.JPG
この時点で、このビスはもう二度と取り付けできない事を覚悟の上で作業を進めます。
「後で六角ボルトに替えれば大丈夫だろう。」などと安易に考えながら、せっせとビットを回してビスを緩めていきます。
IMG_6630_R.JPG

E基板を取り出す。
ひいひい言いながらビスを外し、やっとブザーに会えた!
外した基板の裏側にある、黒い円筒形のもの(写真の”x2t3”と印刷されているパーツ)がブザーです。
こんな小さなブザーで、よくもあんなに迷惑な音量を出せるものだと感心させられます。
ここでひとつ注意!
基板から伸びているフラットケーブルの先に、小さな基板が付いています。
これはBOX横にあるモーター(?)らしき回転体の、回転数または位置を検出するためのセンサーではないか、と思います。
復旧させる時にはこの基板がもともと入っていた溝に、正しい向きで挿入する必要がありますのでご注意ください。
IMG_6634_R.JPG IMG_6633_R.JPG

Fブザーにテープを貼る。
ビニールテープにしようか養生テープにしようか色々考えたのですが、カーナビか何かを買った時についていたスポンジ素材のテープがあったので、これをはさみでカットして貼りました。
基板をまた裏返してBOX内に固定したときの、ブザーの頭とBOXの底との距離がわからないため、こいつがあれば多少厚過ぎても吸収するだろう、という勝手な思い込みと、スポンジなら吸音してくれるだろうという安易な理屈でこれがベターと決めました。
IMG_6637_R.JPG IMG_6635_R.JPG

G復旧作業
部品をひとつずつ確認しながら、全部元通りに組み付けて終わりです。(最後は横着な説明。ゴメンなさい。)
ところで二度と取り付けられなくなった、基板の奥を固定していたビス。
確か基板は全部で3、4本のビスで固定されていましたが、一番奥の1本を取り付けていないので、きっと基板は振動を受け続けて悪影響を受けるんだろうなあ。と考えました。
そこでBOXのフタの裏側の、ちょうどビスがあった部分に、ブザーに使ったものと同じスポンジシートを貼りました。
これを貼ってフタをパッチンと留めれば、その下の基板を押さえつけて固定できるだろうという素敵な発想。
IMG_6642_R.JPG
振動させないという理屈としてはバッチリです。たぶん。
でも基板の発熱を受けるのでは、とか基板に直接触れていて回路のショートが大丈夫か、などといった不安も残りました。

以上でブザーの静音化は完了です。
結果は動画のとおり、音量としては半分以下になっており、クルマのそばにいないと警告音は聞こえません。
(以前は窓を閉めた自宅2階にいても聞こえていたと嫁が言っていました。)
ここまでで2時間。とてもじゃないけど助手席側はやろうという気になれませんでした。(^^;)



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 17:00 | 茨城 🌁 | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月03日

ワイパーアームの交換

今年の2月、大雪が降った後、自宅屋根に積もった雪が、駐車場の愛車の上にどっさりと落ちました。
立ててあったワイパーが直撃を受けて、ワイパーアームがぐにゃっと曲がってしまいました。
IMG_5357.JPG
とりあえず雨のふき取りに問題はなさそうだしと、長い間そのままにしてあったのですが、アーム自体もだいぶ色あせてきているし、そろそろ交換しようかなといつもお世話になっているディーラー経由で部品を発注。
電話で注文した翌日にはディーラーに届いていました。
【購入した部品】
◆フロントワイパーアームLH 1個 4,428円
◆フロントワイパーアームRH 1個 3,736円
                   合計:8,164円
IMG_7034.JPG IMG_7035.JPG IMG_7036.JPG

【所要時間】
・40分

【準備するもの】
・新しいワイパーアーム(型式等は写真を参照ください。)
・14mmスパナ(ソケットレンチがいいです。)
・マイナスドライバー

【作業手順】

@ボンネットを開ける。
運転席側のアーム付け根がボンネットの下に隠れています。
固定ナットを外すためにボンネットを開放します。
IMG_7037_R.JPG IMG_7038_R.JPG

Aアーム付け根のキャップを外す。
運転席側、助手席側とも、アーム付け根にあるキャップを取り外します。
固い場合はマイナスドライバー先端を差し込んで外します。私の場合は以前にも外したことがあるので手で取れました。
キャップを外すと薄い六角ナットが顔を出します。
IMG_7039_R.JPG IMG_7040_R.JPG

Bアームを外す。
14mmのスパナでナットを緩めて外します。
ナットを緩めていくと、アームが自重で下がってこようとするので手で押さえながら外します。
また新しいアームを取り付けるとき、元のワイパーの取り付け角度がわからなくなってしまうので、養生テープなどでワイパーの位置をマーキングしておくとよいかも知れません。
ちなみに私は、フロントガラスの汚れ(ワイパー跡)を目安にしました。(^^;)
IMG_7042_R.JPG

Cブレードを取り外す。
アームの先端に、ヒンジを介して付いている部分を外します。
工具は不要、まず指またはマイナスドライバーで、ヒンジ部分のフタをかぱっと開けます。
IMG_7047_R.JPG IMG_7048_R.JPG IMG_7049_R.JPG
次にアームを一度、ブレード側に差し込みます。
フック状になったアームの先端がブレードから外れるので、今度はブレードをアームから抜き取ります。
わかりますでしょうか?
IMG_7050_R.JPG

※ ワイパーのゴムは外さなくても大丈夫!
ブレードを外す前にゴムを外さなくては、思って一度引き抜きました。
が、この構造なら外さなくても大丈夫です。
IMG_7043_R.JPG IMG_7045_R.JPG IMG_7044_R.JPG
ゴムは一度外すと芯金部分が分離して面倒くさいことに。。。
ゴムの溝の中と芯金には、凹凸があるのでこれをよく見て組みなおしましょう。

◆運転席側のアーム
上が取り外したもの、下が新品。上のアームの先端がぐにゃっと曲がっています。
IMG_7051_R.JPG IMG_7052_R.JPG

D新しいアームにブレードを付ける。
分解とは逆の手順で、ブレードにアーム先端のフック状の部分を差込み、今度は引き抜き方向に引いてフックをブレードに引っ掛けます。
その後フタを指でパッチンと閉めれば取り付け完了です。

Eクルマに取り付ける。
運転席側、助手席側ともアームを元通り取り付けます。
このときに注意しなければならないのは、元通りの角度で付ける、ということです。
最初にマーキングがしてあればそこにあわせてナットを締めていきます。
ナットを締めていくと軸と穴が平行になり、締め込み後の位置がはっきりします。
回転方向の角度がズレている場合は一度ナットを外し、また角度を調整して締めていきます。
軸にアームを差し込むとき、軸に対して穴が平行になるよう、注意しながら穴を軸に通してナットを締めましょう。

F試運転
ボンネットを閉めて、ワイパーを動かして見ます。
運転席側は、当初よりも稼動範囲が若干格納側寄りになりましたが、これでよしとします。
IMG_7065_R.JPG

早く雨降らないかなー。

くつろぎの温泉宿極上の癒しを!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 13:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

クルマいじりの記録。

電装品を中心に、マイカーを結構いじります。
部品を交換したいとき、新しいものを取り付けたいとき。
いつもネットで関連記事を探し、スマホで見ながら作業をしているのですが、時間が経ってまたいじる、というときにそこをまた見に行くのが面倒。
消されちゃってることもあるし、印刷するのもかさばってイヤだし。
そこでブログに記録を残していくことにしました。
P1020187.JPG P1020172.JPG
納車直後の愛車(平成20年9月)。まだピカピカです。

posted by masa at 00:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

ドアの施錠・解錠アンサーバックブザー音を鳴らないようにする

私は毎日クルマで通勤しているのですが、なかなか静かな住宅街に住んでいるので、夜遅い時間に帰宅するときはちょっと気を使います。
そこで表の幹線道路から自宅に向かうための住宅街入口に差し掛かると、アクセルを緩めてEV(電気自動車)モードに切り替え、静かに走るようにしています。
この道は緩い下り坂なのでエンジンが回ることはほとんどなく、家族が気づかないほど静かに車庫入れまで完了します。
しかし!
クルマを降りた後の、キーロックのアンサーバック音、またスライドドア(オート)を閉めるときの「ピッピッピッピッ・・・・」が非常にウルサイ。
早朝や深夜、家の周りが静まり返っている中「これはヒドイ」っていうぐらい音量がでかい。
これは、いつか何とかしたいなーと思っていました。

ある日、ディーラーから届いたお知らせで「オーナーズセレクト」の存在を知りました。
整備などのついでに、GTSとよばれる診断システム(ノートPCに入れた専用ソフトでクルマのコンピュータに接続、ログ確認や各種設定ができる)によりパラメータ変更ができます、というものです。
オーナーズセレクトオーダー用紙
ディーラーを訪問したついでに、この中の項目@を「アリ」から「ナシ」に変えてもらいました。
キーロック&解除のアンサーバック音は、これで鳴らなくなりました。
スライドドアもなんとかならないか、と相談をしたところ「安全上問題があるし、設定変更できるようにはなっていない」との残念な回答。
ドアロックのアンサーバック以外の項目としては、項目H「ドアの開閉後に点灯している室内灯が自動で消灯するまでの時間」を、初期設定値の「15秒」から半分の「7.5秒」に変えてもらいました。
ちなみにこの”オーナーズセレクト”については、エスティマに限らずトヨタハイブリッド車のほとんどに対応しているようなので、ご興味のある方は最寄りのお店にご相談を。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

▼ スライドドアの警告音ボリュームを小さくする方法はコチラ。
http://1paraglider.seesaa.net/article/408608105.html
※ 自己流で勝手に対策したものです。個人の責任でお願いいたします。
posted by masa at 00:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

愛車

back.JPGトヨタ エスティマハイブリッド

◆納車:平成20年8月

◆グレード:X・7人乗り  ◆ボディカラー:ライトパープルマイカメタリック

◆オプション:

@デュアルパワースライドドア
Aリヤアシストグリップ
Bリバース連動ミラー
Cサイドバイザー
D除菌イオン空気清浄器
EIRカットフィルム

P1020187.JPG

back.JPG
posted by masa at 12:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク