2008年05月24日

雨でもでかける[スクール39日目]

予報では昼頃から雨になるとのことだったが、朝の1本くらいは飛べるだろうし、飛べない場合はしばらく受講していない学科のお勉強もできるし、ということで出かけた。

R51-R355永山 R355手賀 田園

ROBOT PLUS ロボノバ


にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

9:00過ぎ、いつもの通り朝のミーティング。
やはり最新の予報でも、早ければ13:00頃には雨が降るとのことだった。
もたもたしているとすぐに飛べなくなってしまうので、テキパキと機材を準備してテイクオフに上がった。



空は霧が濃かったが、テイクオフからランディングエリアはなんとなく見えていたので、数人出た後に続いて自分も出た。
前回は下降気流に捕まりちょっと怖い思いをしたが、今回は順調。
チェックポイントを通過した後、課題のひとつ「ピッチング」をやった。
しかし間もなく、上昇気流がたくさんあったおかげで進路が定まらず、前後に揺すっているうちに機首が左方向に振れていってしまった。
結局この課題は中途半端で終わってしまった。

夏休みの格安航空券!→空旅.com


その後、高度処理ゾーンで8の字旋回を繰り返していると、ポコポコと上昇気流に当たって高度がぐいぐい上がってきた。
この場所でこんなに上昇したのは初めてで、結構気持ちが良かった。
アプローチ前なので、大きめに旋回を繰り返しながら時々真下を見て、自分の位置がイメージ通りであることをきちんと確認した。




ランディングエリア付近は南東からの風が少し強めだったので、以前教わった通り少し風上寄りで旋回をする。
行きたい所に行くには偏流飛行をしなければならなかったのだが、今回はこれもきれいにできたと実感できた。

間もなく高度が下がり、ターゲット近くにきれいに下りられた。

飛行機の偏流飛行


にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

機材を片づけてクラブハウスに歩いて戻ると、テイクオフとランディングとの間で、インストラクターが風の状況について無線で話し合っていた。
ランディングエリアの風が強くなりつつあるので、経験の浅い講習生はフライトを控えたほうがよい、といった感じだった。

雨はまだ降りそうな様子はないし、頑張ればあと2本はいける時間帯ではあったものの、ここは我慢して待機することにした。

インストラクターは誰もおらず、T田さん、K出さんと3人で、まったりと無線機のチェックをしたり、パイロットのアプローチを見ながら、午前中の2時間を潰した。
ランディングエリアの様子 まったり中 よく見るとおたまじゃくしが結構います。

昼食後、まだ雨が降ってきそうな気配もなかったので、メインランディングへ行って立ち上げと頭上安定の練習をすることになった。
前回もたっぷり練習しており、自信満々で臨んだのだが今回はなかなかうまく行かなかった。
腰への体重のかけ方がいまひとつということが、Y樹インストラクターのダメ出しでわかった。




15:00頃まで練習を繰り返してクラブハウスに戻ると、すでにハウスに戻っていた講習生やパイロットがピザを作っていた。
反省会の後にぜひ御馳走になりたかったが、用事があったので撤収...。







にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク