2008年03月26日

踏んだり蹴ったり [スクール33日目]

休暇を取って練習へ
前回の練習から、まただいぶ日数をあけてしまっていた。
天候は不安定、午後は雷を伴うにわか雨のおそれも、という予報だったが、せっかく有給休暇を取得していたので出かけることにした。
スクールに到着した頃は、やや曇っていたものの飛べない状況ではなさそうだった。
朝のミーティング終了後、とにかくテイクオフへ上がってみることになった。

送迎車でテイクオフへ向かう 風は結構強め もや

楽天の売れ筋商品はランキング市場でチェック!




吹流しが時々水平になるほど、風は急に強さや向きを変えていた。
とにかく準備だけは済ませて、いつでも出られる態勢をとって待機。

開梱 グライダーの点検中





そして約30分後、ベテランパイロットから出てみることになった。
純粋に、「こんな状況の中で、ひょいっと出られるなんてかっこいいなぁ...」と思った。






そしてさらに、その後数人のパイロットが出ていったが、上空はとても不安定な様子、「危険!」との判断が下された。

風が落ち着くのを待っていたが... ずっと北側の吹流しも大暴れ 小さい春みーつけた!

テイクオフに残っていた講習生、パイロットとも、11:00過ぎには全員下山することになってしまった。残念!
風が強いのでテイクオフでグライダーを片付けるのが難しく、自分も含めて何人かは、ぐしゃぐしゃと大雑把に畳んだ状態で車に積み込み、下山してからゆっくり畳み直した。これが今日の「踏んだり」の部分であった。
ラインをチェックするO原さん

少し早めに休憩
この日は花粉の大量飛散予報が出ていたが、朝着いた時には全然大丈夫だった。
邪魔なのでマスクを外して過ごし、テイクオフに上がったとたんに鼻がグズグズ。
地表付近よりも山頂のほうが、風が強い分だくさん浴びてしまうのだろうか。
結局この日は、花粉を吸うためにテイクオフへ上がったのだった。

★月額2,079円でDVDが借り放題!!★
私も会員登録しておりますが、普段、ちょこちょこ借りに行く方なら絶対お得、便利です!
店舗には並べていないモノも結構ありますよ!
宅配DVDレンタルサービス【TSUTAYA DISCAS】


花粉のせいで体がだるかったので、食事の後はクラブハウス前のベンチで気持ちよく昼寝をした。

グラハン練習
午後は、メインランディングに行って立ち上げの練習をやった。
急に突風が来る危険なコンディションであったため、2人1組で立ち上げる。
アンコントロール状態になってマズイ!と思ったら、サポート役がキャノピーを潰すのを補助する。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

リバースでの立ち上げは、前回とてもうまくいったのでちょっと自信を付けていた。
「今回も完璧だな」などと思って、ペアを組んだO原さんのアドバイスのもと、「えいっ」と立ち上げてみたが、キャノピーが左右にブレてなかなか安定しない。
前回はきっと、風の吹き方も安定していたんだろうと、自分の未熟さを実感した。
それでも、キャノピーがどう動いたら、自分はどう動いてコントロールはどうすればよいか、Y美インストラクターに都度教えてもらって、理解はバッチリできた。

グリップスワニー・G-11(パラグライダーモデル)


にわか雨襲来!
練習を始めて30分ほどたった頃、ポツポツと雨が降ってきた。
まずいかなー、と言っていると、すぐに本降りになってきたので、全員急いで機材を片付ける。
そして皆引き上げの準備が整った頃、ざーっ!と振り出してびしょ濡れになってしまった。
(これがこの日の「蹴ったり」部分。)
K本インストラクターとN本インストラクターが車で迎えに来てくれたので、クラブハウスまで送ってもらった。

【40%OFF】 安い!パラグライダー ジップパーカー/ネイビー90cm/nico hrat (ニコフラート)


久しぶりに学科講習を受講
午前中はテイクオフに上がるも花粉をたっぷり吸い込んだだけで1本も飛べず、午後も意気込んで始めたグラハン練習は30分でクローズ。
すっかり気力も体力も落ち込んでいたのだが、残された少しの時間で「学科講習をやりましょう」ということになったので、頑張って受講することにした。
気付くとパイロットや学科受講を望まない講習生は撤収済みで、クラブハウスの中は非常に寂しいことになっていた。
少し休憩をとったあと、「プライマリー・パイロット」コースに入って初めての学科講習を、Y美インストラクターから受けた。

内容は「悪条件下でのランディングの方法」。
これは、万一ランディングエリアやその周辺の空域が強風だった場合の安全な進入と接地のテクニックで、理論を交えて丁寧に教えてもらった。
これまでの「ベーシック・パイロット」コースとは異なり、今後は多少条件が厳しくても飛ぶ練習を積んでいくはずなので、絶対に必要な勉強だ。
学科を受けるチャンスはなかなか無いので、結果としては、やっぱり出かけて来てよかった。




バリオメータを購入!
「欲しいが高いし、使うのはまだずっと先だから」と、なかなか手が出なかったバリオメータ(昇降計)をついに買った。
「ベーシック・パイロット」コースも取得直前くらいになった頃、インストラクターからの指示で、上昇気流帯に入れさせてもらい、高度を上げることも経験するようになった。
しかし上空の、周囲に目標物が無い中ではどれくらい上がっているのか、どんな速度で上がっているのかが、体にわずかに感じるGのみでしか検出できない。(下がっているときも同じ。)
インストラクターからは、人間は高度を感覚で把握する能力が足りないと何度も聞いていたが、自分もフライトの中でそれは実感してきた。
飛行機の計器パネルにもこの昇降計は付いていて、やはり飛行機がどれくらいの割合で上昇または下降しているのかを、数値で確認できるようになっている。
主にスカイスポーツ向けの、このハンディタイプのバリオメータは、昇降指示針がデジタル表示される他、電子音の変化で上がっているのか下がっているのかがわかるようになっている。
いちいち視線を計器に向けなくても、昇降度合いだけは確認できる。

バリオメータと電子音

しかしこの人、すんごい高く上がってるなぁ...。
トンビ(?)がずっと下を飛んでいます。

GPS専門店[IDA ON-LINE]


にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク