2007年12月15日

アクセルの装着

パラグライダーは、基本的には「滑空」しながら飛ぶだけので、エンジンなどの動力装置は持たない。(パラモーターを除く。)
だがオプションの”アクセル”を装着すれば、パラグライダーにも加速ができる仕組みがある。
例えば危険な空域から急いで離脱したいとき、早く目的の場所に移動したいときに有効である。
いざという時にのみ使用してダッシュをかける、戦闘機に装備されたアフターバーナーに用途が似ている。





しかしパラグライダーのこれは、キャノピーの前縁を下げ、迎角を小さくして速度を稼ぐもので、同時に沈下速度も速くなる。
よって早く降下しつつ前進、というのが正しい表現かもしれない。
ベテランの方々は、競技などでこれを頻繁に使うようだが、まだベーシックコースで基礎フライトを習っている自分も、Tインストラクターから「そろそろ付けてね。」と言われた。
日が暮れて講習が終わった後、R太インストラクターにお願いして、グライダー一式を購入したときに付属していた、この「アクセル」を装着してもらった。
ハーネスに固定されたアクセル
ハーネスに座っている状態で、足元にぶら下がっているペダル(バー)を踏むと、ここから延びているロープがライザーを引き、翼の前縁が下がる、という仕組みになっている。
ロープとライザーは、テイクオフ前に接続することになっている。
上の写真の、Uの字型になっているワイヤー部分を足で踏むと前縁が下がる。
さらにその上にある、棒状になっている部分を踏むと、前縁はもっと下げられる。
アクセル取扱説明書



但し調子に乗って深く踏み続けると、沈下が深くなる上キャノピーが潰れる事があるのでやるな、とのことだった。
次のフライトでぜひ踏んでみたい。(怖いからちょっとだけ。)
なお、勝手に踏んで怒られるといけないので、インストラクターに相談した上でやる。




にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ

posted by masa at 23:30 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 必要なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク