2007年09月30日

ヘルメットをデコレーション

以前から、使っているヘルメットがシンプル過ぎてつまらないと思っていた。

外観はスピード感があってかっこいいし、色も鮮やかなコバルトブルーで美しい。
でも一面真っ青なだけでちょっと寂しい...
デザインが寂しいヘルメット

そこで!オリジナルと色も似ているし、
日本が誇る、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」のヘルメット調に装飾することにした。

     

 

blueimpulseオリジナルヘルメット
 ↑ 黄色い”BlueImpulse”のカッコいいロゴを作る

まず、DVDや雑誌、ネットで調べ、デザインやレイアウトをよく研究。
カッティングシートを手で切り抜いて作るのは昔やったことがあるが、こんなに複雑なのは初めてだった。

【準備するもの】
カッティングシート(屋内用、屋外用があり、屋外用を選定)
 大型ホームセンターで、必要と思われるサイズを買いました。
小さなサイズの切り売りシート..
刃先の小さなカッター(器用な人なら普通のカッターでもOK?)
 ↓この手のものがとても使いやすいです!


マット(机に傷を付けないための敷物)
軽くて丈夫、表も裏も使える両面仕様(両面印刷)カッティングマット

プラスチックのヘラ
貼り付けたシートをこすったり、気泡を押し出すのに便利!

原画(ネットで拾った画像をWindows標準搭載の「ペイント」で加工)

中性洗剤
水で薄めて霧吹きに入れ、貼り付けるときに吹きつけます。
張った後から位置ズレを直したり、気泡を押し出すのに便利!

【作成手順】
@ネットで拾った画像の余計な部分を「ペイント」で切り捨て、サイズもちょうどいいように調整、白黒画像に変換
BIロゴ
 線がギザギザしていますが、これはカッターで切るときに調整します。

AプリンタでA4用紙に印刷
B印刷したものとカッティングシートを、原画サイズに合わせて切る
C原画をカッティングシートの上に重ねてテープで貼る
Dカッターで原画の上から文字を丁寧になぞっていく
※失敗しないように集中力が必要。小さいカーブはきれいに刃をまわすのが難しい!「B」「I」「p」「e」の先端にある丸が大変だった...

E原画を剥がして捨てる
Fカッティングシートのいらない部分を台紙から剥がす
シート切抜き完成
Gセロテープを「いる部分」の上から貼り、台紙から剥がす
H貼り付ける面に、中性洗剤を混ぜた水を霧吹きで吹き付ける
 ※ 吹き付け量は少し多めが良いです。

I周囲の余計な水をティッシュやタオルで拭きつつシートを転写
J曲面のせいでしわや気泡があるときは、ドライヤーで少しずつ暖めながら貼り付ける
 ※ ドライヤーを近づけすぎないように注意し、それぞれのシールの、中央から外へこすりながら形を曲面に合わせていきます。
 中に気泡が残ってしまわないよう、少しずつ丁寧に、がコツでしょうか。

K完成!


シートは、次のものを作りました。
●「BLUE IMPULSE」筆記体の黄色文字
●イルカ(ドルフィン)のシルエット(白)
●自分の名前(アルファベット・白)
●自分の無線のコールサイン(アルファベット・白)

それと通販でブルーインパルスのステッカーを買っておいたので、これも貼りました。


このシリーズのステッカーは、ビニール製で薄い転写タイプ、貼ったあとの仕上がりがきれいです。
プリントのような仕上がり!というのがウリのステッカー。
曲面に円形のものを貼るので、ドライヤーを当てて暖めつつ、中央から外側に向かって、少しずつ伸ばしながら丁寧に張った。
力作、BIのロゴ
画像の、私の名前部分はブラシで消しております。(^_^;)

BIエンブレムとドルフィンのシルエット
後頭部にアマチュア無線のコールサインが入っております。

モノを揃えてから、約半日で完成しました。

最初は少し練習がいるかも知れませんが、そんなに難しくないですよ。
上記にてご紹介させていただいた資機材、おすすめです。
ゆっくり丁寧に、を心がけてやってみてください。
意外とうまくいくもんです。

くれぐれも手を切らないようにご注意ください!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
posted by masa at 18:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 必要なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク