2019年01月14日

千葉市動物公園

自宅から歩いて20分ほどのところにある、千葉市動物公園に、散歩を兼ねて行って来ました。
過去に、直立するレッサーパンダの風太(ふうた)くんで一躍有名になった動物園です。

以前は遊園地も併設されていたのですが、老朽化のためか遊具は撤去されてしまいました。

今回は連休最終日につき混んでるかと思いきや、ガラガラでもないし、混み過ぎでもないし、という感じ。
行列もなく、落ち着いて回ることができました。

【施設】
◆入園料
大人700円、中学生以下は何と無料!!
駐車場も700円と、とても安く設定されています。
過去にクルマで出かけたことがありますが、収容台数はたっぷりだった記憶があります。

◆構成
園内は、モンキーゾーン、小動物ゾーン、草原ゾーンなど、動物の種類や住んでいる環境ごとに、エリアが8つほどに分けられています。
動物園の規模としては大き過ぎずにお手頃であり、動物の種類も多いほうだと思います。

◆レストラン
園内に2箇所あります。
メニューは豊富だと思いますが、こういう場所ですからお値段は少々高め。
お味はフツー、ということにしておきます(^-^;)
IMG_9084.JPG IMG_9077.JPG IMG_9078.JPG
IMG_9080.JPG IMG_9081.JPG
園内中央付近にある「森のレストラン」と、動物科学館内にあるカフェ「はぴはぴ」。
※メニューは「はぴはぴ」のものです。

【千葉市動物公園のどうぶつ】
◆レッサーパンダ


◆コツメカワウソ


◆チンパンジーとゴリラ


◆カンガルー


◆フクロテナガザル


◆アカハナグマ


◆クロザル


◆ワオキツネザル


【アクセス】
千葉都市モノレール「動物公園駅」から徒歩1分
連休中など少々混雑はありますが、駐車場も完備されており、収容台数はたっぷりだったと記憶しています。
「動物公園」駅改札を出て左へ進むと、目の前に正門があります。
IMG_9036.JPG IMG_9037.JPG IMG_9039.JPG

【印象】
施設は全体的にきれいに維持されており、レストランや売店、きれいに整備されたトイレや授乳室もあります。
うさぎやモルモットなど小動物とふれあうことができるエリア、動物について学ぶことができる科学館があるほか、動物の食事を見学したり、色々なイベントが企画されたりと、週末など日帰りで遊びに出かける施設として、特にお子様連れオススメですよ!

【ガイドマップ】
入園料や開園期間・時間などは下記パンフレットをご参照ください。
IMG_20190114_0001.jpg IMG_20190114_0002.jpg
 
posted by masa at 19:00 | 茨城 ☀ | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク