2015年02月28日

COOのステッカーを貼り替える。

パラグライダーを始めた頃にクルマに貼ったステッカー。
よく見てみるとたくさんのヒビ割れが。
汚らしいので剥がして新しいのを貼ることにしました。
IMG_8179.JPG IMG_8180.JPG COOステッカー

【資機材】
古いステッカーに爪を引っ掛けて剥がれるかな、と思いましたがまったく歯が立たない。
貼り付けた時には剥がれないようにとガッチリ密着させたし、元々柔らかいビニール、という感じだったのに劣化が進んでプラスチックのように硬い感じになっている。
ネットで色々調べた結果、ドライヤーや熱湯で暖めながらゆっくり剥がすのがよいらしい。
オートバックスに行ったついでに次のものを購入。
@スクレーパー
IMG_8221.JPG
プラスチック製なので、クルマのボディに傷が付きにくい。

Aシールはがし
IMG_8219.JPG
自宅に強力なタイプがあったが塗装面をダメにしてしまいそうなので、主成分が天然オレンジオイル、というやさしそうな(?)ものを買ってきた。

Bドライヤー
自宅にあった、奥さんが使っているものを拝借。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【作業手順】

@ドライヤーで暖める。
車庫にあるコンセントから延長ケーブルで電源を延ばし、ドライヤーでステッカーを暖めます。
天気はいいけど気温は10度くらい、北風が結構強めに吹いていてちょっと寒い。
冬より夏のほうが捗るんだろうなあ、と思いながら根気よく暖めます。

Aスクレーパーを入れる。
暖める前はビクともしなかったステッカーがペロッとめくれました。
説明書には、スクレーパーは歯を立てずに寝かして使うとあったのでその通りにしたら結構剥がれやすい。
IMG_8184.JPG IMG_8187.JPG

B浮いた部分を手で引っ張って剥がす。
めくれてきたところを指でつまんで引っ張りますが、すぐにプチッと切れてしまう...。
焦らず暖めながらゆっくり剥がしていくのがコツのようです。
IMG_8192.JPG IMG_8198.JPG
なお、なぜかCOOの文字部分はスムーズに剥がれたのですが、最後のお猿さんがなかなか剥がれない...。
じっくりドライヤーを当てながら、時間をかけて地道に剥がします。
ちなみにこれだけのサイズのステッカーを剥がすのに、スクレーパー4個はすべて先端部分がガタガタになりました。最初はとても鋭利になっていたのに。
きっとクルマのボディを傷付けないために、スクレーパーの材質そのものの強度はそれなりに柔らかくなっているのでしょう。
これは使い捨てと考えたほうがよいと思います。
IMG_8216.JPG

C糊をきれいにふき取る。
根性で全部剥がしたら、例のオレンジ成分のやつとペーパーを使って、表面に残ったシールの糊と、シールの淵の跡になっているところを拭いてきれいにします。
これにも随分時間がかかりました。
IMG_8201.JPG IMG_8204.JPG IMG_8206.JPG
きれいになりました。

そして新しいステッカーを、今度は右後ろのガラス面に。
IMG_8208.JPG IMG_8211.JPG
前より目立つようになりましたが、赤い文字は近くでないと見えません。。。

【かかった費用】
・エーモン製スクレーパー(1692):390円
・エーモン製両面テープ剥がし剤(1691):906円
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                     計:1,296円



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

posted by masa at 18:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク