2015年02月15日

バックカメラの増設

広範囲を見渡せる位置に
平成17年に、安いバックカメラを探していて、ネット上の評判を参考に買ったイエローハットオリジナルのCCDバックアイカラーカメラ「FM-132BC」。
以前乗っていたクルマに取り付けて、その後現在のエスティマハイブリッドに乗り換えた時に移設して使っていました。
エスティマハイブリッドのバックカメラの基本取り付け位置は、ナンバープレートの左上なので、当初はここに付けていました。
バックカメラ標準取付位置.jpg  IMG_78101.jpg

しかしこの位置だと、クルマのセンターからやや左側にずれており、車庫入れの時に中心線がわかりにくかったので、しばらく使った後にリアスポイラーの下面に移設。
スポイラーに埋め込まれたハイマウントストップランプを分解したりと大変な苦労をして移設をし、クルマの中心がわかりやすい上に広い範囲が一度に見渡せるようになりました。
しかしデメリットも。
クルマのお尻が丸いので死角ができ、バンパー付近がワイパーの影に隠れてしまって見えなくなってしまいました。
よって車庫入れで目一杯距離を小さく取る事ができないことに...。
IMG_77281.jpg   IMG_7744.JPG
↑モニターで見るとこんなにギリギリでも、実際にはまだこんなに距離がある...。

新しいカメラへの交換を決意
もう10年近くも使っているカメラを、最近の高画質のものに交換しようと思い、PanasonicのCY-RC90KDを通販で購入。
今使っているカーナビと同じメーカー。ネット上での評判もなかなか。
CY-RC90KD  

しかし週末になり、いよいよ交換しようというときに迷いが。
◆スポイラーの下⇒少し遠くまで見えるし映像が車の中心。しかし近くが見えない。
◆標準位置⇒バンパーまでよく映るので車庫入れで目一杯後退できるが遠くが見えない。

そこで両方のいいとこ取りをしたくなり、2つとも使おう! と決めました。
(本当は古いのを外すのが面倒だからなんだけど。)

IMG_7772.JPG IMG_7773.JPG IMG_7775.JPG
カメラセット一式。ありがたいことに、カメラとその先のケーブルは、途中にあるコネクターで分離できるようになっていました。配線作業が楽です!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村


【取り付け手順】

@内張りを剥がす。
バックドアの内張り4枚を全部剥がします。
バックドア内張り.jpg IMG_77591.jpg IMG_7765.JPG
内張りにはたくさんのクリップが付いているので、クリップの位置を意識しながらバキッ!と剥がしていきます。
要領を間違えると内張りそのものを破壊してしまうので注意が必要。
IMG_7767.JPG
バックドアの内張りを剥がすとこんな感じになります。

Aアウトサイドガーニッシュを外す
ナンバープレートのすぐ上にある、シルバーの横長のパーツです。
ガーニッシュからバックドア内側に向かって突き出している、ボルトを固定しているナット2個と、バックドアオープナースイッチを固定しているナット2個を、バックドア内側から緩めて外します。
サイズは確か、全部10mmでした。
スパナが入りにくくやりづらいのですが、頑張って外します。
IMG_7780.JPG IMG_7782.JPG IMG_7783.JPG
ナットが全部取れたら、アウトサイドガーニッシュを、バックドアの外側からグイグイ引っ張って外します。
IMG_77851.jpg
取り外し完了。過去にも何度か手を加えているので、ちょっと汚いです。(^^;)

Bカメラの取り付け位置を決める。
アウトサイドガーニッシュには、ここにカメラを取り付けたときのために、カメラを付ける時にカットすべき場所が予めマークされています。
私は以前、この場所にカメラを付けた事があるので、すでにこの部分はカットされています。
よってカメラの固定位置はもう決まっています。
IMG_7779.JPG

IMG_7788.JPG IMG_7789.JPG IMG_7791.JPG
以前加工した穴を埋めているパテをどけて、カメラのケーブルをバックドア内側に通します。
カメラには付属のブラケットをビス固定し、ブラケットを両面テープでバックドアにしっかり押し付けて貼ります。

C配線を車内に通す。
一番手間がかかる作業です。
まずバックドアの付け根にあるチューブの中を通さねばなりません。
画像のチェックをしなければならないので、内張りはまだ取り付けられません。
バックドア内側の、既設のケーブルにインシュロックで抱かせながら、バックドア上部までカメラのケーブルを持って行きます。
途中、横着して養生テープで貼り付けただけになっていますが、内張りを貼ってしまえば見えなくなるので気にしません。(^^;)
既存のケーブルに、インシュロックで括りつつ進みます。
IMG_7792.JPG
そしてバックドア上部の付け根にあるチューブに、カメラケーブルを通します。
以前、車外に付けたアンテナのケーブルを引き込むために、大胆にも途中に穴をあけてあるので通線作業はとてもカンタンでした。
カメラケーブルルート2.jpg カメラケーブルルート.jpg
チューブを通して車内に入れたら、天井の中を通して左後方の内張りを剥がし、ルートを決めながらその先もどんどん通していきます。
この辺りも過去に何度か剥がして、バック信号ケーブルなどを通しているので、少し先を考えながら、どの辺りを通せばよいか決めつつ作業を進めます。
IMG_7796.JPG IMG_7798.JPG IMG_7802.JPG 
通すケーブルは走行中に暴れたりしないように、既存のケーブルや付近のパーツにインシュロックで縛り付けていきます。
スライドドア、助手席左側の内張りを剥がした中をずーっと通して、やっと助手席の左足元に到達。
IMG_7925.JPG IMG_7895.JPG 

Dカーナビからの映像ケーブルに接続。
もともとつないであったイエローハットのカメラケーブルを抜いて、新たに増設したPanasonic製のケーブルを接続。
抜いたYH製ケーブルのコネクターは、今度使うと決めたのでとりあえずビニールテープで養生しておきます。

E映像の確認!
わくわくしながらバックギヤに入れて、画像を確認します。
IMG_7901.JPG IMG_7903.JPG
左:今回ナンバー付近に付けたPana製  右:スポイラー下部のYH製

自車のバンパーまでばっちり映りました。
また写真ではわかりづらいですが、やっぱり新しいやつは画像がきれい!
夜にも比較をしてみましたが、暗い中でもきれいでした。

F内張りを全部元通りに付ける。
内張り固定用のクリップが内張りに付いていることを確認しながら(稀に外した時の勢いでどこかに飛んでいってることがある)、パチンパチンと内張りを元通りに取り付けて作業完了。

所要時間は4時間ほど。たっぷりかかりました。
でも、趣味でやってるので結構楽しいのと、店で頼んだら工賃をたっぷり取られるし、ということで、あまり苦になりませんでした。

次回は、2つのバックカメラをスイッチで切り替える機能を加えます!
しかしどうすればいいんだろう...


にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

posted by masa at 18:00 | 茨城 🌁 | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク