2015年02月14日

サンバイザーを交換。

以前、運転席側のサンバイザーにベルトタイプ(バイザーに巻きつけてマジックテープで固定するタイプ)のカードホルダーを巻いて使っていたせいか、バイザーの戻りが悪くなってしまいました。
収納位置側に動かしても完全に収納ポジションに戻ってくれない上、走行中にじわじわと下がってきてしまう。
しかも腹立たしいことに、ちょうど目の高さ付近で止まる...
サンバイザー

視界に入るし顔に結構近いので、何とか修理できないかと色々調べたのですが、新品に交換するほかに選択肢は無いと判断しました。
早速ディーラーに部品を発注、2日後に届いたのでとりに行き、交換しました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

【交換の手順】

@腹立たしい既設バイザーを取り外す。
写真の矢印の辺りと、そのちょうど反対側辺りの計2箇所に、マイナスドライバーの先端を差込み、下方向に引き下げます。
IMG_7704_R.JPG
カバーは肉厚が薄いので、ドライバーの先端は深く差し込まず、先っちょだけを台座部分とカバーとの間に引っ掛けて下げる感じです。
2箇所の引っかかりが取れたらカバーを取り外します。

Aサンバイザーを抜き取る。
カバーが取れたら、アームの根元付近を下に引き下げてやると、スポン!とバイザーが外れます。

Bクリップを付ける。
天井に埋め込まれた取り付け部の部品に、新品のバイザーに付属している2つの金属製クリップを取り付けます。
指先でつまんで差し込みます。
IMG_7712_R.JPG

C新品のバイザーを差し込む。
クリップを狙って、バイザーのアーム根元の、クサビ形をした樹脂製パーツをぐいっと差し込みます。
バイザー内蔵のランプに電源を供給するための小さなコネクタ(白い部分)があるので、これも正しく差し込むよう注意します。
IMG_7705_R.JPG
金属製クリップは、単体ではガタガタ頼りない感じで付いていましたが、このクサビ形の部分が差し込まれることでがっちりと固定されます。

D台座にカバーを取り付ける。
新品に付属しているカバーをパッチン!と取り付ければ完了です。
IMG_7716_R.JPG

要領よくやれば、交換時間は15分程度。
新品のサンバイザーは、¥11,232(税込み)でした。

巻いてあったビニールは少しだけこのままにしておきます。
IMG_7720_R.JPG
ここだけ見ると新車のようです。

ランプもしっかり点灯しました。
IMG_7723_R.JPG

下の部品は新品のバイザーに付属しているので、取り外したものは不要になります。
IMG_7721_R.JPG



posted by masa at 16:00 | 茨城 ☀ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク