2013年12月21日

ステップアップセミナー[スクール94、95日目]

パラグライダー自体もあまり行けていないのですが、ブログの更新もすっかりサボっておりました。
失礼いたしました。。。


このたび、初めて合宿に参加しました。
その名も「ステップアップセミナー」。
http://www.aerotact.co.jp/perfocen/izu.html
風向きに合わせた、講習バーンが整備されており、ショートフライトからリッジソアリングと初心者に限らず、パイロット向けにも多彩なカリキュラムを練習が可能です。 地形制約からホームエリアで取得しづらい高等基礎技術を身に着けたいパイロットにはお勧めのコースです。
とのことで、普段はいつもの飛び慣れた(そんなに慣れてないけど)エリアで、いつもと変わらないコンディション、いつも通りのやり方で飛んでいるのですが、そんな状況からひとつ上を学ぼうというものです。
滅多に行くことがないアウェイでのフライトもできるし、久しぶりにとてもわくわくしながら出かけたのでした。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

セミナーは12月21日〜23日までの2泊3日のコースでしたが、3連休全部を費やしてヘトヘトになって会社に行くのもつらいので、1日目と2日目の1泊2日で参加させていただきました。

前日の20日(金)は会社の忘年会があったのですが、酒はほどほどにして一次会のみで撤収。
帰宅後、中途半端に3時間ほど眠り、21日(土)は朝4時頃自宅を出発。
久しぶりの長距離ドライブです。


現地では、飛ぶ前にまず学科講習を受けました。
要点は次のとおり。

【強風時のライズアップ】
◆意識すべきポイント:@強さ Aテイクオフの広さ Bテイクオフ斜面の傾斜角度
一発勝負でやり直しのチャンスが少ない環境においては事前の入念な準備が必要!
@構え:足は前後、前傾、全ラインにテンションを、インテイクを均等に開く
A逃がす:グライダーの下に入る、Aライザーのテンションは小さめ、グライダーに近づく早さを調整
B振り向き:回る側の足を一歩後ろ、軸足に荷重をかけ膝を地面に、手の高さを変えない、肘は水平に外へ
C荷重:頭上安定、ゆっくり荷重を、走らない、地面を蹴らない、風に乗せる
※ 取りやめ⇒どちらか一方のブレイクコードを引く(グライダーが傾いた側)



「行きます!」と決心、宣言をしてから短時間でこれをやる。
何度もイメージトレーニングをしてから海が見渡せる山に登って数本飛んだほか、練習用の斜面で強風に対処する方法を練習しました。

04:13


3:20


4:39


3:30
※ skymiyataさん。リンクを貼らせていただきました。

うち1本は、出る直前にテンションが完全に抜けて久々にクラッシュ。
崖からゴロゴロと数メートル下まで転がりましたが幸い怪我はありませんでした。
精神的ダメージは大きかったけど...。

初めていつもとは違った環境で、またちょっと難しい条件の下フライトをしたことで、これまでよりは確実に自信をつけることができました。
今後もこうした機会にどんどん参加します。

近海金目鯛の漁獲高日本一
ちなみに宿は、フライトエリア周辺の稲取温泉「ホテルえいざん」さんにお世話になりました。
ちょっぴり古い建物で、またこの時期だったこともあって他の客は見当たりませんでしたが、家庭的な料理や昭和の懐かしい雰囲気の中でリラックスして休むことができました。
IMG_5150.JPG IMG_5154.JPG IMG_5161.JPG

この伊豆稲取は、「近海金目鯛の漁獲高日本一」なんだそうです。
普段魚を食べるときに、意識して金目鯛を選ぶことなどほとんど無かったのですが、夕食に出てきた煮付けは絶品でした。
お土産にも迷わず金目鯛を買って帰りました。
絶対オススメです!


posted by masa at 20:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | 5.エキスパート証取得まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク