2013年02月24日

パラグライダー版緊急脱出訓練[スクール89日目]

恐ろしいくらい爆風が吹いており当然飛ぶことはできないので、
@アンコントロールになった時にレスキューパラシュートを出す訓練
A木に引っかかってしまった後、安全に地上へ降りる訓練
をやりました。
これらは滅多に遭遇しない機会であるだけに、時々シミュレーションをしておかないと装備は持っていてもイザというとき何の役にも立たなくなってしまいます。

事前に生々しいビデオを見た後、表に出て訓練施設でじっくり訓練。

過去、何度か実践したものの、全然体が覚えておらずちょっと苦労しました。

レスキューパラシュートについては、座っているハーネスの右側、おしりの横辺りにあるグリップをつかんで空中に投げます。
イザ投げる時には当然操縦不能なわけで、様々な状況が考えられます。
天地がひっくり返っていたり、キリモミ状態だったりと、またパニック状態になっていて冷静ではいられない事のほうが多いでしょう。
施設でそういう状況を作って、正しくパラシュートを空中に投げ出すシミュレーションをします。

↑ 随分前の動画です。。。

引っかかった木から安全に降りる訓練では、
@万一引っかかっている木が折れたりしても、体が落ちないよう最寄の上部な木の幹にロープで体を固定する。
A木の上で引っかかっているグライダーを切り離す際、一度立ち上がる必要があるので足をかけるための足場をロープで作る。
Bそこに立ち上がって体とグライダーをつなぐライザーを切り離す。
C地上にロープを下ろし、体につないだエイト環という金具にそれを通して降下。
という手順を練習します。
以前、自信を付けたはずなのに、体が忘れかけていました。
IMG_4122.JPG IMG_4116.JPG


↑ コチラも随分前の動画です。。。


おかげでたっぷりと時間がかかり、キンキンに冷えた爆風をたっぷり浴びることに。。。

トドメに、日頃運動不足なせいで翌日は筋肉痛になったのは言うまでもありません。
お恥ずかしい。
★アンメルツヨコヨコ買って帰ればよかった。★無臭性で、つらい肩こり・筋肉痛に効きます!


海外ではこんなトレーニングも。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 23:00 | 茨城 ☀ | Comment(0) | 5.エキスパート証取得まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク