2011年08月07日

とても楽しく飛べました![スクール80日目]

午前中、先に出て行った先輩やスクール生たちが、離陸後そのまま直進しているだけでグイグイと高度を上げていた。


自分も早速段取りをして、まっすぐそのコースを行く。
すると同じようにぐぐっと高度が上がる。
ちょっと様子を見ながら何度か旋回を繰り返すと、その場で高度をどんどん上げることができた。
ある程度稼いだところで場所を変えてまた回す。
最終的に滞空時間は30分くらいでしたが、ほぼ思い通りに飛ぶことができ、とても満足でした!
P1080465.JPG P1080470.JPG
フライト中、柿ピーをつまみに缶ビールを飲む中嶋さん。(ウソ)

昼ごはんを食べて、2本目を飛ぼうとテイクオフに上がる。
今度は正面からの風が結構強くなっており、久しぶりにテイクオフを失敗。

1回目は風が強いにも関わらずラインにテンションを掛け過ぎ、リバースで立ち上げた後正面に振り向くことができなかった。
インストラクターにブレイクコードを引いてもらって難を逃れたが、久しぶりにマズイ!と思った。

2回目、今度は立ち上げ前に持ったラインがねじれていて、立ち上げた直後、ブレイクコードがおかしな所を通っていて何もできなかった。
さっきと同じように、離陸中止を手伝ってもらってピンチを切り抜けた。
この「ブレイクコードがおかしな所を通っていた」現象は、新しいグライダーに乗り始めて何度かやっている。

そして3回目。
冷静になってブレイクコードをよく確認する。
「立ち上げた後はこうなるから、ここをこう通っていれば大丈夫。」と確認をしたら大丈夫だった。(毎回そうするのが当然だろうがバカ。)
正面からの風が山の斜面に当たっていたので「リッジソアリングをやりますか!」と言われていたのだが、すでに風がちょっと弱まっており、断念して沖へ出る。
午前中同様、この辺で。という所で上げようと頑張ったが、なかなか十分な高度を上げられないまま、上がらず下がらずを頑張った。
しかし今度は20分程度で地上に戻った。
もう少し粘っていたかったが少しずつ高度をロスしていたので、「帰れなくなったら」と考えると不安になり、根性無しの私は早めにランディングに向かったのでした。


今回は2本とも楽しく飛ぶことができたのですが、そこそこ強い風の中で、安定した立ち上げとテイクオフができなかったのはよく反省せねば、と痛感しました。
以前講習バーンで練習を重ねていた頃のことを思い出し、基礎の大切さをあらためて実感したのでした。

安全で楽しいフライトのためには「基礎」は絶対忘れてはなりません!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村



posted by masa at 23:00 | 茨城 ☔ | Comment(0) | 5.エキスパート証取得まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク