2009年09月23日

STAGE4 パイロット

プライマリーパイロットの取得後は、いよいよ[パイロット]過程。
これを取得すれば晴れて1人前の仲間入りだが、好き勝手に何をしてもよいというわけではありません。

パイロット(Pilot)課程

pilot.bmp
パイロットの技能証

1.パイロット課程の目的
単独にてパラグライダーを操縦し、航空スポーツとしての健全なる飛行を行える技能と判断を修得する。

2.パイロット技能証取得資格
上記目的を達成できる技能を有し、プライマリーパイロット技能証を所持している者。

3.パイロット学科科目
 3−1.法規
  1)フライトの交通ルール
  2)日本の飛行空域
  3)パラグライダーに特有の規則
  4)保険
 3−2.気象学
  1)斜面上昇風
  2)山河口での局地風とベンチュリ効果
  3)サーマルの形成とその過程
  4)積乱雲と雷雨
  5)フェーン現象
  6)雲と天気予報
 3−3.航空力学
  1)抗力
  2)旋回
  3)関係式
 3−4.フライト機材
  1)レスキューシステム
 3−5.フライトテクニック
  1)極限状態のフライト
  2)高度処理

4.パイロット実技科目
 4−1.通常の飛行技術
  1)フライトプラン
   ・テイクオフディレクターへの申告
  2)フロントテイクオフ
   ・斜度の変化と風速に応じて
   ・クロスウィンド(30°)
  3)リバーステイクオフ
   ・斜度の変化
   ・風速20km/h
   ・クロスウィンド(30°)
  4)ストレートフライト
   ・アクセルを用いた速度調整(安定した条件下)
  5)リアライザーでの方位修正
  6)旋回
   ・連続した360度旋回
  7)アプローチ
   ・ポジションからダイレクトアプローチ(風速20km/h)
  8)ランディング
   ・フレアー方式
   ・指定地ランディング(半径15m)
 4−2.積極的な技術
  1)ピッチング
  2)ローリング
  3)フィギュアエイト
   ・28秒程度の旋回半径
  4)サイドコラップスと直線飛行維持
   ・1本のラインで(30%)
 4−3.効果手段
  1)ビッグイヤー
   ・アクセル併用
   ・ウエイトシフト方位修正
 4−4.上昇
  1)リッジソアリング
   ・斜面上昇風での上昇
  2)サーマルソアリング
   ・360度旋回ピッチコントロール
 4−5.その他
  1)ツリーランディング講習
  2)フライト環境 風速(目安)-0km/h〜20km/h 上昇気流−穏やかな熱上昇気流

5.取得単位と検定試験
 5−1.最小取得単位
  1)学科
   ・14科目(9.25時間)
  2)実技
   ・フライト日数・・・10単位(1日/1単位)
   ・フライト本数・・・40単位(1本/1単位)
 5−2.学科試験
  1)JPA出題の学科検定試験問題に合格すること。
  2)正解率80%以上で合格とする。
 5−3.実技試験
  1)実技科目が正しく実演できること。
   ・危険行為と判断された場合は、
    得点に関わらず検定飛行を中止し不合格とする。

パイロット証取得時、フライト本数は98本でした。
しかしすべてにおいて自信がついたということもなく、逆に不安要素のほうが全然多い気がします。
これからは自分で考え判断をし、さらに切磋琢磨を続けなければならない。



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
posted by masa at 23:30 | ☔ | Comment(0) | ライセンスについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク