2009年09月29日

E-PAC [スクール67日目]

通っているパラグライダークラブで、電動パラモーターユニット「E-PAC」のデモフライトがあった。
従来のガソリンエンジン型と違い、バッテリーとモータの組み合わせなので、、、

・構造が非常にシンプルでメンテの手間が少ない
・排気ガスが出ないのでとてもきれい
・振動がほとんどなく、騒音は風切音のみ
・液晶表示や電子音を発するコントローラで操作がカンタン

UG・ブランド一覧


フライトを見た感じでは、やはりガソリンエンジンよりはるかに静か。
手元のシンプルなコントローラによる操作に対し、レスポンスよくキビキビと反応する感じがわかる。
パワーは十分なようで、グイグイ上昇していく。
バッテリーは、ほぼ連続運転をしても30分程度は持つそうだ。
滑空をメインとしてフライトするグライダーであれば、30分持てば十分でないの?
時々テレビで見るような、「飛んでるほうは気持ちいいだろうが、人の迷惑なんじゃないの?」というくらい低空を這う飛びをしたいのなら別だが。





しかしある程度普及してくるまでは、このユニットもお値段はそこそこだろう。
しかしおこづかいや自分の技術に余裕が出たら、きっと欲しくなるんだろうなぁ。。。



↓間もなく発売か!?
http://www.aerotact.co.jp/news/2009/at0522/index.html

お問い合わせは...
アエロタクト


ちなみに製造元のメーカー「ユニーク社」は、このようなものも製造・販売しています。

小型の電動モーターグライダーですね。早くこういうのが日本でも普及しないかな。
これはこれで十分欲しいので、頑張って買うかも知れない。(一時はULPがやりたいと思っていた私。)



にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村
posted by masa at 23:00 | ☁ | Comment(0) | 航空・飛行機に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサードリンク