2009年03月23日

航空機事故を目の当たりに...

他人事ではない衝撃
出勤の途中。先に出勤していた者から電話連絡を受けて事故の発生を知った。
07:00過ぎ、出勤すると滑走路上空にはたくさんのヘリコプター、そして地上からは煙が上がっていた。
ニュースでは見たことがある航空機事故。
それがいつも通りに出勤した、自分の職場で実際に起こってしまった。
今思えば、テレビの向こうに映っている事故は大変な惨事と思うものの、自分のいる世界とはちょっと違っているように感じていた。
しかし自分の目の前で起きているこの惨状を見て、そんな気持ちは一瞬で消え去った。

悪天候下での空港運用と報道
どこのニュースを見ても「着陸の失敗」、「失敗して炎上」などと伝えているが、それでは「原因のすべてがパイロットのミス」と断言しているようなものだ。操縦することや最終判断を委ねられているパイロットにも責任はあるだろうが、あんな悪天候で滑走路をOPENにして運用していてよいものなのだろうか、と思った。
それと非常に腹が立ったのは、朝の某報道番組で、メイン司会者が上空を飛ぶヘリコプター(レポーター)に対し、「もっとそばに近づけないのか」などとバカな発言をしていたことだ。
空撮されていた映像では、ちょうどコクピットから乗員を救出している真っ最中だった。
一瞬でこの司会者を嫌いになった。

事故発生によって仕事に間接的な影響も出たが、そんなことはどうでもよかった。
自分が働く職場、すぐ目の前で、炎上した機体の中で座席に座ったまま亡くなった乗員のことを考えると、悔しいような腹立たしいような、複雑な感情が、衝撃と一緒に込み上げてきた。

そして人間が作り出したものによって、自然を相手に効率よく仕事を果たすことの難しさをあらためて実感した。どれほど難しいコトをしているのか。
普段便利に利用しているものも、ほんのちょっとのきっかけで大変な事態になってしまうのだから...

亡くなった乗員の方々のご冥福をお祈りいたします。

posted by masa at 23:00 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 航空・飛行機に関する話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク