2020年02月11日

オートスライドドアのメンテナンス

20万キロ走行、10年間乗り続けている愛車、エスティマハイブリッドのオートスライドドアがおかしい。
開放状態から自動でクローズさせると、途中で再び開いてしまう、というものです。

ドアはクローズ動作の途中、
@後方から前方に向かってまっすぐ走行
A途中でドアを受けているレールに沿って、車体内側に向かってカーブ
Bそのままかぱっと閉まる。
という動きをするのですが、A部分に差し掛かると、それまでかかっていた負荷が急激に軽くなったかのように、急に「ガクン」と一瞬走行速度が上がります。

この時衝撃を検知して、再びオープン側に動く、といったところでしょうか。

クルマのメンテナンスは、ずっとお世話になっているディーラーまたは近所にある、信頼できる町の整備屋さんにお願いすることはありますが、スライドドアの動きや調整など、きっとやっていないでしょう。

自分で整備をしてみることにしました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スカイスポーツへ
にほんブログ村

ドアの取り付け部をよく見てみると、ドアは上下のレールに沿って動くようになっています。
このレールの中の走行輪、ガイド輪からアームが延びていて、先端にドアが取り付けられている、という構造でした。
IMG_3757s.jpg
ボディ側のレールとドアをつなぐアームは全部で3つありました。

IMG_3733s.jpg
上部

IMG_3740s.jpg
下部

IMG_3759s.jpg
後方


長いアームに方持ちでドアを受けているため、重量負荷で垂れ下がり気味になっているのでしょうが、これはアームなどを変えないとどうしようもありません。

そこでレールの掃除とグリスアップをやってみました。

レールの中には納車当時からあった?ものと思われるグリスが多少残っていましたが、ここにはやはりゴミが付着しており、グリスの量も十分ではない様子です。
長年の間に風雨や洗車のたびに洗い流されていくものと思われます。

ウエスやパーツクリーナーを使って丁寧に掃除をし、その後スプレータイプのグリスをレールと走行輪・ガイド輪(ベアリング)にたっぷり給脂してあげました。

するとなんと! 動きがとてもなめらかになりました!
あの「ガクン」もありません。

▼ メンテナンスの方法を動画にしました。



最近のクルマは、細かい整備などしなくても長持ちするとはいえ、やっぱり機械にはメンテナンスが必要と、あらためて認識させられました。

この部分は時々同様のメンテをしてあげようと思います。

!注意!
安全のため、スライドドアのオートクローズ機能はスイッチでOFFにしておきましょう。


【グリスアップについて】
水のようにさらさらしたタイプの潤滑剤は、吹き付けてもそのまま流れてしまいます。
粘性があって、吹き付け後はそこにグリスがしっかり付着し、また耐水性があるものを使うほうがよいと思います。

posted by masa at 20:00 | 茨城 ☁ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

クルマにUSBポートを

最近、クルマのスマホ取り付け位置を変更しました。

それまでは、左コンソールにあったシガーソケットに取り付けるタイプのスマホホルダーを使っていたので、ソケットからUSBに給電する仕組みがあったのですが、ホルダを交換して以来、クルマのAC100Vコンセントから長々とケーブルを引っぱる以外に充電方法がなくなってしまいました。

エスティマハイブリッドにはAC100Vコンセントが複数個所に備え付けられており、これを使えば家電製品を含め何でも給電可能なのですが、運転席正面までケーブルを引っぱってくるのはあまり美しくない。

そこで色々探してみたところ、クルマのスイッチパネルの空き部分を利用して取り付けるタイプのUSBポートがありました。


空いているパネルを外し、これを取り付けたら配線をして終わり。
クルマのメーカー別に、ピタリとフィットするものが準備されているようなので、見た目もキレイです。

早速トヨタ車用をネット通販で注文、2日後には届きました。
IMG-3700_R.jpg IMG-3701_R.jpg

内容物はこんな感じ。
IMG-3717_R.jpg
パネル表面に付けるUSBポート、電源(電圧)変換器、ケーブル、結束バンドなどが入っています。


【施工方法】
※内装系をよく触る方ならご存知と思いますが、冬場の寒い時期に、冷え切った内装樹脂パネルを強引に剥がすと、パネルや固定用のツメがパキっ!と割れてしまう場合がありますのでご注意ください。

@取り付け部のパネルとスイッチカバーを取り外す。
右側のスイッチパネルに空きがあるのでここを利用することにしました。
IMG-3708_R.jpg

スイッチを取り付ける場所のパネルを剥がします。
IMG-3711_R.jpg IMG-3713_R.jpg

※専用の、樹脂製の内装はがしがあれば、マイナスドライバー等を使用するよりもパーツに傷を付けにくいので安心です。


AUSBポートを取り付ける。
ポート部分をパネルの表から入れてパチンとはめます。
IMG-3720_R.jpg

Bケーブルと電源を仮接続する。
IMG-3702_R.jpg
パネルに付けたUSBポートから延びているケーブル先端のコネクタを、DC12V→DC5V変換器に接続。
またACC電源ケーブル、アースケーブルを、それぞれクルマ側に接続します。
これらのケーブルを、変換器のケーブル(ギボシコネクタ)に仮接続。
IMG-3724_R.jpg IMG-3726_R.jpg

この状態で一度、USBポートに電源が来るか(スマホに充電ができるか)を確認します。

C本接続・パネル復旧
ACCをONにして、スマホに給電されることが確認できればOK。
すべてのケーブルがしっかり接続されていることを確認し、同梱されていたインシュロックなどできれいに整線します。
外したパネルをパチン!とすべて戻したら作業完了です!
IMG-3723_R.jpg
まるで最初からあった純正部品のようなデザイン!

【USBケーブルの取り回し】
運転席から見て、スマホは左上、USBポートは右下という位置関係。
表をダラダラと通して行くのは見栄えが悪いし、表に出ているケーブルに、運転中に手を引っ掛けかねないし、USBケーブルはパネルの内部に通していこう、とも考えたのですが、USBポートを他の用途に使うかも、またスマホホルダーもまた交換するかも知れないので、邪魔にならないよう表を通していくことにしました。
IMG-3732_R.jpg IMG-3730_R.jpg IMG-3729_R.jpg

ポートから延ばしたUSBケーブルを、ハンドル付け根の上を通し、運転に支障が無い場所にクリップで固定。
そのままスマホの場所まで上方向に延長します。

ライトニングケーブルの長さは1m(家にあったので)、余長分はハンドル根元上のクリップ部分で巻いておきました。
スマホをセットするとこのような感じ。スマホが無いときも、クリップがあるのでケーブルは落ちません。
IMG_0224.jpg 
IMG-0230.jpg


【おまけ】
本当は、スマホ取付け位置の近くの、ハンドル根元のすぐ左にある[PWR DOOR OFF]のスイッチをハンドル右側に移し、空いた場所にUSBポートを付けたいと考えていました。
IMG-3706_R.jpg
しかしこのスイッチを取り外すためには多くの内装パネルを剥がす必要があったこと、またその後明らかになる、[PWR DOOR OFF]スイッチ裏にあるケーブルの長さが、ハンドルの反対側まで届くほど余裕があるか疑問だったため、今回はあきらめました。


posted by masa at 18:00 | 茨城 ☀ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

クルマのスマホホルダー

これまでは、このようなスマホホルダーを付けていました。


運転席左側にあるシガーソケットの使い道が無く、ソケットが遊んでいたこと、またスマホの近くに充電用USBポートがあって便利、ということで購入しました。
これはこれでなかなか使い勝手は良かったんですが、やはり目線よりも下にスマホがあると視線を落とすことにもなってしまうので、スマホを別の場所に付けられないかと考えていました。

そこで今回選んだのがこちら。

マグネットでペタンと付けるタイプです。
以前のものはスマホを両サイドから挟み込むタイプで、位置合わせやホールドの確認、USBケーブルの接続に少々時間を要し、それも両手を使う必要がありました。

マグネットタイプなら、片手でスマホをホルダーに近づけるだけでペタン!と一発固定。
ホールドの力もなかなかなので、スマホをおさえながらでなくても、左手のみで充電ケーブルをさくっと差し込むことができます。

なおご紹介した上の写真では、ホルダの取り付け部分がクリップ状になっています。
これはエアコン吹出口に取り付ける場合に使うものなのですが、この他、平面に両面粘着テープで固定するタイプのスタンドも同梱されていました。
エアコンから噴出す冷暖房の風を常時直撃させるのは、ちょっといやだな、と思い、私はこのスタンドを使いました。
またスマホの裏面に貼り付ける、薄い金属プレートが同梱されています。
私は手帳タイプのケースにスマホを入れているので、ケース内側のカードポケットにこの金属プレートを入れて使うことにしました。

貼り付けた様子がこちらです。(ハザードランプスイッチの下)
IMG-3703.jpg IMG-3704.jpg

インパネ周りに平面部分が少なく、また平面であっても貼り付けたい場所の表面に凹凸があって粘着力が得られない。
そこでハザードランプやオドメータのスイッチが並んでいるパネルの、ギリギリ台座が貼れるスペースを選んで付けました。

スマホを付けるとスイッチ類が隠れてしまいますが、滅多に触らないしカーナビには干渉していないし、これで良しとしました。
IMG_0224.jpg

場所を取らないし、着脱もカンタンになりました!


ちなみに、マグネット式ホルダーの磁気が、スマホや一緒に入れているICカード(クレジットカードなど)に悪影響を及ぼすかも、という話しがあります。
多少の影響はあるかもな、と覚悟を決めて使っており、何か不具合があった場合にはすぐに使用をやめようかと。

※こちらの記事を参考にこのホルダを使う場合は、自己責任にてお願いいたします。
posted by masa at 16:00 | 茨城 ☀ | Comment(0) | クルマいじり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク